山テレ(山岳テレマークスキー)と山サイ(山岳サイクリング)を愛する"うし君"の備忘録です
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
金曜日,仕事を定時に上がって,帰宅してメシ&風呂の後,どさっと山道具を詰め込んで,一路,扇沢を目指し出発.扇沢には1時半に着き,2時就寝.翌日6時におきて,準備をしたらターミナルの行列に並ぶ.同業者も多いが,観光客も多くて,やっぱ混んでたです.整理券2番でロープウェイに乗り,タンボ平をじっくり観察.何本もデブリが出ていて,あんまいい気はしないけれども,昨日の降雪?でそこそこキレイ.気温はぐんぐんあがってるけれど,でっかいのは落ちきったでしょう,ということで,とりあえずタンボ平に突入を決意し,早く室堂着かないかなぁ~,の気分になります.

DSC_3857.jpg     DSC_3873.jpg     DSC_3888.jpg
扇沢,雪少ないですねー     タンボ平全景,デブリ多し     立山に向かって一ノ越へ

室堂に着いて人ごみにうんざりしつつも,準備をし,9時半過ぎ,行動開始,まずは,一ノ越を目指して緩む前の固めの斜面をひたすらトラバースで進むのです.一ノ越は10:20くらい.ここまではかなりたくさんの山スキー&山ボード.どーしたもんかなぁと御山谷をのぞいていると,一人の山スキーヤーに声をかけられた.彼も迷っているそうで,この雪,御山谷下部はどうなることやら微妙だね,という話になる.あわよくば御山谷全部おりちゃってもとも思ったけど,割れてると面倒なので,とりあえず,途中まで降りることにし,10:50ドロップイン.御山谷方面に来る人は少なく,とても快適.

DSC_3908.jpg     DSC_3922.jpg     DSC_3936.jpg
一ノ越からの御山谷方面     御山谷の中,広大な斜面     夏道に上がり東一ノ越へ

すぐのところは風に叩かれてパックだったけど,谷になればすっごく快適なザラメのバーン.それにこの広さ,平衡感覚がおかしくなりそう.左上の東一ノ越へのトラバース道を気にしつつも,気持ちいいので400mくらい降りてしまう.もっと降りて行きたいが,登り返しも面倒なので,シールを貼ってスキークランポンを装着し左岸の雪付を登る.最後,厳しい斜度になったので,ツボで直登し,岩場とハイマツを登り上げて夏道へ.あとはテクテクトラバースして,東一ノ越11:50すぎ.先行していた3人パーティーが休憩中でした.腹も減ったし景色いいし暖かいので,ここでランチタイム.

DSC_3986.jpg     DSC_3996.jpg     DSC_4016.jpg
東一ノ越~タンボ平全景     黒部平駅に無事到着なり     同じ日の夜に担いでる・・・

お腹も落ち着いたので,12:25,東一ノ越からタンボ平めがけてドロップイン.出だしは急だけど,まぁ普通.ほどよい斜度が続いて,自分の流した表層に追いかけられるように,下へ下へ.緊張感の中,ただ夢中に,テレマークし続ける.適当なところでタンボ沢を横切るようにずっとトラバース.ざっと見てデブリの筋が数本,いい気はしないのでデブリを乗り越えつつも急いでトラバース.タンボ平に入ると斜度も緩み雪も重くなり板が走らなくなる.こりゃいかんということで,高温用のワックスを塗り足ししばし休憩.ラスト,頭上のロープウェイと競争するかのごとく黒部平を目指して一気に滑り込み,13:00到着.

きょうも満足でした,で,もう一発,室堂上がって滑りたいところだったけれど,アルペンルートの人ごみに辟易したのもあり,扇沢に下りて大町温泉で汗を流す.で,そのあと,中央道にのってかっ飛ばしつつ,某山小屋に無線を飛ばしてみると・・・「おお,遅くなってもいいから,登ってこし!」とのこと.

というわけで,日没後,某登山口より自転車担いで600mアップ,何度も登った道なのでヘッドランプがあれば十分.小屋で食った夕飯&ビールのうまかったこと.山談義をしつつも22時,さすがにダウンし朝まで爆睡でした,そんなわけで,この週末も充実してました!

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL




copyright © うしログ-山テレと山サイの日々- all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。