山テレ(山岳テレマークスキー)と山サイ(山岳サイクリング)を愛する"うし君"の備忘録です
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
きのーは,天気がよかったので,2時半起き,3時出発で戸倉から至仏山に行ってきました.

金曜,定時に上がってから帰宅し,自転車とテレマークの準備をしたため,あまり睡眠時間とれず,眠いなぁと思いつつ戸倉へ車を飛ばします.自転車はルーフなので,ちょっとおとなしめ?に走り戸倉ゲートに着くと,既に何組か準備してました.やっぱ同じこと考える人は多いようです.

DSC_3543.jpg     DSC_3572.jpg     DSC_3578.jpg

そんなんで,フレームに板をくくりつけ出発.最初,膝に板が干渉し,微妙だったので,途中,止まって付け直しました.直したらだいぶよい感じで津奈木橋.ここで,熊谷からの単独の方と歩き+フリトレの単独の方に会って立ち話.お二人は取り付きから入るということでしたが,自分は,除雪の終点を見たい願望,があったので,鳩待峠へ登ります.峠の手前数百メートルで除雪は終了.最後,路面が雪解け水が凍ってつるっつるになっており,ちょっとタイムロスでした.

DSC_3595.jpg     DSC_3614.jpg     DSC_3688.jpg

鳩待峠からは,尾根伝い,途中からトラバースで行きオヤマ沢田代で稜線へ.稜線上がって,先程の単独行の方2人に追いつきます,やはり直登の方が早かったようで・・・.先頭に立って,小至仏をトラバースし,山頂到着.遠くは霞んでいるけれど,素晴らしい展望.天気もよく風もなく,ずっと山頂に立って眺めを楽しみたい気分でした.

DSC_3708.jpg     DSC_3710.jpg     DSC_3713.jpg

0時を過ぎたので,そろそろ下りへ.帰りを考えたら悪沢の方が楽なんだろうけど,まぁ時間もあるので,尾瀬ヶ原に下りるべくムジナ沢へ.今日のシュプールはないようでして,好きなところに自分のシュプールを刻みます.振り返ってみれば,延々とつづく自分の軌跡,山を滑る醍醐味の一つです.

DSC_3743.jpg     DSC_3747.jpg     DSC_3757.jpg

あっという間に尾瀬ヶ原の端に降りつきます,撮影しながら降りたけど,20分くらいですな.あー一瞬だった,と思いつつ,誰もいないまったいらの雪原を山の鼻の方に向かいます.途中,燧ケ岳を眺めつつ小休止.昼寝がしたい暖かさでした.

DSC_3765.jpg     DSC_3774.jpg     DSC_3784.jpg

一瞬,登り返して悪沢も,という考えもよぎりましたが,もう重たくなっちゃっただろうし,たくさんの人が悪沢を降りただろうし,ってことで,このままテクテク歩いて鳩待に戻ることにしました.中間地点くらいでシールを貼ったのが失敗?濡れてだいぶ重くなってしまいました,鳩待沢まで我慢して歩けばよかったかも.そんなんで,峠に戻って14時半過ぎ,あとは自転車デポ地へ戻るだけ.

DSC_3837.jpg     DSC_3840.jpg     DSC_3847.jpg

自転車デポからは一気に舗装路下り.登山道下りに比べりゃ超楽勝です.泥はねのひどいところは減速して,津奈木橋からはノーブレーキでびゅーんとかっとびます.駐車場所15時半,いい一日でした.温泉入って,高速半分,シタミチ半分でドライブ.帰宅したら即バクスイでしたとさ.

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL




copyright © うしログ-山テレと山サイの日々- all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。