山テレ(山岳テレマークスキー)と山サイ(山岳サイクリング)を愛する"うし君"の備忘録です
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
今週も天気のよい週末だったので,2時半起きで行ってきました,前大巓.といっても,磐梯吾妻スカイラインの開通は,4/8.なので,MTB+スキーの黄金の組み合わせ?で,貸切を狙っての単独行,でした.予想外のパウダーが残っていて,いたるところノートラック,非常に満足でした.ってことで,以下はその記録.


道の駅つちゆでトイレ休憩と着替えを済ませ,旧道から土湯峠へ上がる.道の駅より上からは圧雪&凍結,旧道に入って完全に新雪路.どうやら昨晩,ひと雪降ったらしい.野地,新野地,鷲倉と過ぎ,土湯峠へ上がる手前で冬季閉鎖とされて路面も一面の雪.でも,車1台分通る幅があいていたし,四駆でいけちゃうでしょうってことで,新雪の中,車を進め,スカイラインのゲートまで.ゲートはさすがに閉じていたので,Uターンして路肩に車を停めて準備開始.ザックに板をつけたりブーツをつけたりしてるうちに時間は過ぎて,出発は7:45.昼前くらいには山頂に着きたいけど,どうなることやら.新雪は,5-10cm程.

     080405_02_SANY1613.jpg     080405_03_SANY1628.jpg
土湯峠への道は新雪      誰もいないゲート前出発      のっけから雪サイでした

やっぱりブーツまで背負うと結構重いけど,久々の自転車は楽しく,写真撮りながら登って行きます.が,思ったよりペース上がらず.除雪はもう終わってるだろう,とか思ってたのに,昨晩積もった新雪が結構あって,漕ぐ抵抗が明らかに大きいのでした.まぁ,乗ることはできるくらいの積雪なので,何とかなるだろうと,ひたすらペダルを回すのです.途中で,除雪作業や道路作業の方たちの車に追い越されたりすれ違ったり.こちら微妙な状態で入り込んでるので,やばいなぁ,追い返されちゃうかなぁとか思ってると,一台の車が止まっておじさんが窓から話しかけてきた.あー,ごめんなさい,何とか通してくださいです,と心の中で思ってたら,「どこまでいくの?」で始まり,最後は,「気をつけて頑張ってねー!」とだけで済みました!おじさんありがとう!!その後も,除雪のお兄さんに応援してもらったりで,逆に元気をもらってペダルを漕ぐ足にも力が入るのです.東北は,素朴で暖かくてやっぱいいなぁ.

080405_04_SANY1644.jpg     080405_05_SANY1666.jpg     080405_06_SANY1671.jpg
自転車の"シュプール"     ロータリ除雪にも追い越され     雪の回廊を登ってゆく

除雪のホイールローダとロータリ除雪車に追い越された後は,新雪もなくなり完全アスファルトに.これで,だいぶ登りがラクになりペースも上がります.道もつづら折れがおわって雪の回廊に入ればなだらかに.気分よく登って,道が下りに入れば兎平に10:10到着.腹も減ったし,準備もあるし,でダラダラと休憩しちゃいます.スキー準備をして,再スタートは,10:40.天気はいいけど,風が結構あって,思ったより気温も低め.これは,うまくすると粉雪残ってるかも!とまたテンション上がります.

080405_07_SANY1692.jpg     080405_08_SANY1713.jpg     080405_09_test1.jpg
テキトーに沢沿いを詰め     酸ガ平の小屋に出て     パウダーは20cmくらい

蓬莱山を巻いて暴風吹き付ける酸ガ平で風を避けてちょっと休憩.新雪の中の自転車でそこそこ疲れたみたいで,あんまペース上がらず.でも,まぁ,稜線まではすぐだからというわけで,前大巓を目指します.何とか,12時くらいに山頂着.だーれもいない静かな山頂.風が相当強く吹き付けてくるものの,景色はまずまず.吾妻の山々やら磐梯やらを眺めたら,さくっとシールを外してまず一本.パック気味ながらも,まだパウダーで超たのしー!!登ってきた甲斐があるってもんです.あまりに気持ちいいので,もう一度登って,また一本.いやーいいです.斜面は広いので,もう一本とも思ったけど,腹が減ったのでとりあえず酸ガ平の小屋へ.小屋に行くと,スノーシューのおじさんが休憩してました.微温湯からあがってきたそうで,なかなかやりますなぁ,という感じ.そんなわけで,13時くらいになったので,蓬莱山に回りこんで一本.ここも東面のためパウダーが吹きだまっていてよい感じなので,軽く登り返して,もう一本.

080405_10_SANY1745.jpg     080405_11_SANY1768.jpg     080405_12_SANY1789.jpg
前大巓直下の斜面        蓬莱山の北東面      峠に戻れば雪はナシ

だんだんと雲が出てきたし,峠までは,また14kmくらいはあるだろうから,というわけで,最後は沢沿い下って兎平へ戻る.ここも,意外と軽い雪で何だか,ずっとパウダーでした.兎平で,道路作業のおっちゃんとまた立ち話.休憩して,スキーとブーツをザックに着けてとして,14:40再びMTB.さすがに下りは快適で,多少の登り返しは気にならず,15:20車デポ地点到着.明るいうちに実家へ寄って風呂+ビール,結局そのまま日曜まで完全休養となったのでした.下ってる途中,工事の人たちはまだ作業しており,朝応援してくれたお兄さんにも無事降りたよ,ありがとう,ということができて,それもよかったなぁ.

GPSによれば,土湯峠から前大巓まで,約16キロ,やっぱスキー+自転車の機動力は偉大です.そして,8日の開通に向け作業していた方々ご苦労様です,変なのが居て,作業の邪魔になったかもなのに,温かく応援してくださったことにも感謝です.尚,本来冬季閉鎖ですので,全ては自己責任で,なるべく誰にも迷惑をかけないように,でよろしくおねがいいたします.

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL




copyright © うしログ-山テレと山サイの日々- all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。