山テレ(山岳テレマークスキー)と山サイ(山岳サイクリング)を愛する"うし君"の備忘録です
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
この前の週末は,大雪庇で有名な,守門大岳へ行ってきました.金曜会社を休めたので,小出まで移動し,ガラガラの奥只見丸山で足慣らしをして,土曜日のアタックとしました.丸山も景色がよくて人が全然居なくてよかったけれど,やっぱり,自力で1000m登った守門の方が,全然よかったです.

朝,二分の除雪終点につくと既に車だらけで,道路に寄せて駐車しスタート.さすがに人気のルートです.キャットの轍があったので橋を渡るとこまでは板を担いで歩き,橋を渡ったところからシール登高開始.超快晴で既に暑かったです.テキトーに林道をカットして登って行きます.トレースもバッチリ,ルートも明瞭なので迷うところはないでしょう.尾根に上がれば左下に大平の集落跡が雪の中です.しばらく進んで林道屈曲点から沢沿いへ.ゆるーい沢をつめて長峰の尾根に上がれば,さらに展望はよく,気分も爽快です.


080322_01_SANY1249.jpg     080322_02_SANY1268.jpg     080322_03_SANY1278.jpg
彼方の山頂へと出発      ホントあちー!!のだ      尾根に上がると好展望


この尾根,だいぶ緩いのでラクだけども効率悪いかも.ここで自分のTarga Ascentの登高モードを試したいという友人と板交換.自分は友人のガチガチR8で登る羽目になりました・・・.あらためて履き替えてみると,こんな硬いので登るのはありえねーって感じ.登高モードなしの金具をつけた板も持ってるけども(R4とTelebulldogと7tm),それらと比べてもハードワイヤーのせいなのかピボットのせいなのか,自分にとっては登りづらい,ゲレンデオンリーとか,常にシートラならありかもしれんが・・・.ま,自分は山スキー最初の人だし,ブーツもEnerGなので,余計にそう感じるのかもなー.そんなんで,保久礼避難小屋.補給&トイレ休憩しつつ,しっかり板は返してもらいました^^

080322_04_SANY1281.jpg     080322_05_SANY1284.jpg     080322_06_SANY1295.jpg
保久礼避難小屋で休憩      キビタキ小屋は雪ノ下      森林限界以上スバラシィ


保久礼小屋からは,効率よい尾根登り.暑すぎるので,上はインナー一枚で腕まくり.キビタキ小屋を過ぎてひと登りすれば,森林限界を超えて一面の大斜面,景色も気分も最高です.キャメルバッグでちびちび水を飲みつつ登っていけばなだらかな大岳の山頂に到着.日本海の向こうに佐渡島,北は月山や朝日連峰から,飯豊,吾妻,磐梯,安達太良,といった大好きな福島の山々,さらには,博士山,先週登った二岐山,那須方面,それを過ぎれば燧ケ岳,平が岳,至仏の尾瀬方面,でもって谷川に奥志賀,北アルプスの一部や妙高なんかも見えてとにかくスバラシイ眺めです.もちろん近くの越後駒や守門岳の雪庇もスバラシイ.大感動の山頂なので,テーブル作ってお湯沸かして久しぶりのラーメンとしました.

080322_07_SANY1319.jpg     080322_08_SANY1321.jpg     080322_09_SANY1350.jpg
真っ白な飯豊連峰          遠く佐渡島          雪庇が美しい稜線


山頂で写真を撮ってたら,地元のおじさんにどこ降りるの?と聞かれ立ち話.最初は尾根か,その南側の沢を滑ってトラバースしようと思ってたけれども,一本北の尾根がいいよ,と言われ,一本北の延々オープンな尾根を下ることに.これが,また,大正解.メローな斜面だけども,超快適ザラメのオープンが延々と続き,ガンガン飛ばして行けました.こりゃ,確かにサイコーだわ,と納得納得.


080322_10_SumonOdake01.jpg     080322_11_SumonOdake02.jpg     080322_12_SANY1355.jpg
いざ,ドロップイン        出だしはちょっと硬い       このスケールです,イイ!


高度差400mくらいは完全オープンだったような・・・.あとは,ツリーランですが,樹間もあるので快適に.最後,尾根を詰めすぎると沢に下りるのに若干苦労するものの,まぁ,ターンはできました.もうちょい,早めに沢におりとくべきだったな.そんなんで,沢をトラバっていけば保久礼小屋へ.ここからちょろっとツボで登り返せば,あとは,消化試合に近いクロカンもどき直滑降.林道屈曲点からは,そのまま沢の右岸をトラバって大平集落へと出,集落沿いに少し進んだところで左手斜面から最後の滑降.橋までダイレクトに戻ったら,あとは車まであっという間.

080322_13_SumonOdake03.jpg     080322_14_SANY1380.jpg     080322_15_SANY1390.jpg
 歓喜の滑降でした!       大平集落に出た方がラク     林道カットで橋まで


1000m登った甲斐のあるスバラシイ守門大岳でした.荷物積んで,守門温泉で汗を流し,通勤割で帰京.関越だったけども,土曜夜のおかげか渋滞はナシ,快適に戻ってこられました.とってもよかったなー.今週はどこ行こうかなー??

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL




copyright © うしログ-山テレと山サイの日々- all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。