山テレ(山岳テレマークスキー)と山サイ(山岳サイクリング)を愛する"うし君"の備忘録です
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
また立山へ 
先週末は,また立山へ行ってきました.ぎりぎりまで予報とにらめっこして,意外と何とかなるかも,ってことでのテレマーク山行となりました.


070701tateyama_01_SANY2691.jpg     070701tateyama_02_SANY2701.jpg     070701tateyama_03_SANY2726.jpg
例によってテント泊     立山駅からは初めてだ     別世界は晴れていた!


前日,ひたすら走りに走り,とあるPAの片隅でテント泊.今回は,富山側からのアルペンルートで行ってみようってことだったので,そこそこ遠いアプローチとなりました.でも,立山ICまで基本的に高速が使えるので,シタミチの長い扇沢と大差ないかも.アルペンルート自体も美女平の乗り換え一回で済むし,室堂にも早く着くし,意外とアリなんだなぁと思ったのでした.しかし,朝の立山駅は小雨,うーん,テンション下がるねぇ・・・とダラダラしてたら始発には全然間に合いませんでいした^^.でも,チケット売り場の人によると上は晴れ間も出ているということ,その情報を信じ,ひとまず上がってみると,意外とよい天気なのでした!


070701tateyama_04_SANY2754.jpg     070701tateyama_05_tele1.jpg     070701tateyama_06_tele2.jpg
徐々にガスが沸いてきた     縦溝ジャンプも楽しい     いきなり真っ白ガスの中


ひとまず山崎カールへ行こうってことで,下から詰めて行くも,カールに入るにつれガスが沸いてきてしまいます.黙々と登っていくも,だいぶ真っ白になってきた(&急にトイレに行きたくなってきちゃった)ので,ローソク岩くらいまでで終了.山頂の稜線まであと100mくらいだったけど,まぁ,雪も切れかかっていたし,山頂は先月踏んだし,と自分に言い聞かせて下りに入ります.下りはあっという間,多少のデコボコや岩があるけどよいアクセントでした.室堂山荘の北側の斜面がよい感じだったので,そこを1本滑った後に登り返して遊ぶことに.ここはガスもかからずだったので,とても楽しめました.


070701tateyama_07_tele3.jpg     070701tateyama_08_SANY2776.jpg     070701tateyama_09_SANY2777.jpg

視界もよいのでスピード出して     おつかれでしたー!     遊んだ斜面,名残惜しい


室堂に戻り,もう一本どこか登ろうかと思ってたら,パラパラと雨が降り出しちゃいました,明日は仕事だし,今日中に東京に戻らんとだし,というオトナな判断により?名残惜しいけど下山することに.帰りは寿司食べて,ワタクシが帰宅したのは結局0時を回っておりました.やっぱそこそこ距離はあるのね,と思いつつも,でも,この残雪の量だとなー,今週末とか来週もまた行こうかな,なんて気分になっちゃって,いつまでも板納めができないのです^^(しかも,この日,山崎カールにはどうやら我々以外は誰も居なかったようで,貸切斜面はとても素晴らしかったですよっ!)

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL




copyright © うしログ-山テレと山サイの日々- all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。