山テレ(山岳テレマークスキー)と山サイ(山岳サイクリング)を愛する"うし君"の備忘録です
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
奥秩父主脈縦走路といえば,3000mには満たないものの,2500m級の山々が連なる"渋い"ルートでしょう.そこを自転車担いで全部つなげたいな,ということで,ここんとこ,分割でトレースしておりました.

どこを始まりにするかってこともあるんだけども,完全岩場のみずがきは置いておく(←行かないとは言ってないですゾ)として,ひとまず西側は信州峠から金峰山,大弛峠,奥千丈岳,甲武信ヶ岳,雁坂峠,笠取山,飛龍山,飛龍権現までを,全部自転車担いで縦走しており,一方,東側は雲取からは三峰までを同様に担ぎでやっておりました.ちなみに,雲取から石尾根とか鴨沢とか富田新道とか大ダル林道とか長沢背稜とかは,当然全部担ぎで行ったことがあり,そこら界隈から自宅までも山サイ後にそのまま徹夜で全自走で帰ってきたこともあったりします.

そういう背景があったりして,この残された飛龍権現から雲取(正確には三条ダルミ)間は,早くやっちゃわないとな,と思ってたのです.でもって,先週,梅雨に入ったというのに天気がよさげ,本当は金曜夜発のつもりが,予想外の残業で出遅れたため,じっくり土曜休んで,日曜にワンディ快速プランでやってきました.


070617_01_SANY2515.jpg       070617_02_SANY2523.jpg       070617_03_SANY2533.jpg
"相棒"と添い寝です     久々の後山林道       静かな三條の湯


今回は単独行のため,前日,留浦の駐車場で後席フルフラットで車中泊でした.空の白み始めた4時半出発し,お祭の先で後山林道を登ってきます.林道終点からは三條の湯まで整備された歩道,以前よりもさらに整備された感じがしました.軽く補給をし,中の尾根,孫左衛門尾根と続く道で北天のタルをめざします.地形図だと結構急に見えるけど,巻き主体で乗れそうなよい道でした.

北天のタル着8時半,ここまでは腹痛でイマイチペースがあがらず山地図時間と同じ程度ですが,徐々に腹痛もおさまりテンションも上がってきたため,ひとまず飛龍権現までピストンです.


070617_04_SANY2539.jpg     070617_05_SANY2563.jpg     070617_06_SANY2567.jpg

北天のタルまでよい道     飛龍権現が実質的スタート     縦走路は期待通り乗れず


なつかしの飛龍権現で写真を撮ったら引き返し,今回の大目的である三条ダルミまでの縦走路に入ります.やはり予想通りほとんど乗れず,担いだままのアップダウンや桟橋が多いルートで,"楽しく"なってきます.やっぱり奥秩父はこうでなくっちゃ.時折富士山が見えたり,石楠花が咲いていたりしてスバラシイです.途中すれ違った人に驚かれたり呆れられたりしながら縦走し,狼平で15分ほど休憩.ここは,富士山も正面に見え,ツェルトでも張って一晩泊まってみたい場所です.時計をみれば,まだ午前,どうせなら雲取で昼飯にしようということで,ひとがんばりして三条ダルミに11:50くらい到着.ここで,雲取から降りてきた登山者の人たちと会話を楽しんだりし,12:05雲取山頂へむけてのラストスパート開始.途中,エネルギー切れ気味になるも12:30過ぎ,雲取山頂に到着しました!


070617_07_SANY2594.jpg     070617_08_SANY2621.jpg     070617_09_SANY2626.jpg

狼平,よい場所です       またやってきました       あとは快適鴨沢道


雲取までくれば,あとは雨が降ろうが,夜になろうが,乗って下れる鴨沢道(むしろ夜下りの方が,スリリングで楽しかったりしますね!),ゆっくり景色を味わいながら,お湯を沸かしてラーメンです.大休止ときめこみました.

ラスト,下山は,鴨沢まで1時間半くらい,ほぼ100%の乗車で下り,風呂に入って無事に帰宅したのでした.

ってことで,一気に駆け抜けた週末,この機動力は自転車ならでは,山サイならでは,で,非常に満足でした.やっぱりこれだけの人力を引き出せる自転車はスバラシイ!!!

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL




copyright © うしログ-山テレと山サイの日々- all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。