山テレ(山岳テレマークスキー)と山サイ(山岳サイクリング)を愛する"うし君"の備忘録です
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
日本海側の崩れも日曜には回復するだろうというわけで,日帰りで燧ケ岳へ行ってみました.ブナの新緑と青空の下,気持ちいいドライブで檜枝岐へ.ノーマルタイヤに戻したから,ヒールトゥなワインディングも楽しいです.

団体さんも多かったので,なるべくトレースを外すように,でも,スキークランポン効かせて,直登最短パターンで,ってな具合にささっと行ってきました(ダラダラゾロゾロ歩くのは好きじゃないしね).前日の新雪が下駄になってちょっとタイムロスはしましたが,いい運動にはなりました.タイム的には,以下の通り.

御池8:00-1986m点でシール剥がし熊沢田代まで軽く滑降(足慣らし?)-爼10:20-板を背負って鞍部でアイゼン装着-柴安11:00-11:15鞍部まで滑降-再度,爼11:30-御池12:30


     02_DSC_3061.jpg
春の檜枝岐                 今日も青空


03_DSC_3097.jpg     04_SANY0863.jpg
柴安は静かでした        富士山まで見えました



柴安の直下,滑りこんでみたらウインドクラストでターンすると氷片がバラバラ~と落ちていく感じだったので,結構急だしなと,安全とってアルペン滑りになったのが,若干消化不良要因でした.かといって,緩むまでまってたとしたら,爼に戻った後のメインの斜面がズタズタにされちゃった後になるところだったので,まぁ次善の策だったかなということで.下りも上手くラインを外した&早く降りたので,荒らされる前に下山できてよかったです.


05_20120515 222951     06_DSC_3099.jpg
荒らされる前にささっと降りて     所々ストップスノーの罠もアリ


温泉入って,帰宅してもまだ夕方,余裕で洗車&洗板&洗靴して,快晴の週末が過ぎていくのです.

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL




copyright © うしログ-山テレと山サイの日々- all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。