山テレ(山岳テレマークスキー)と山サイ(山岳サイクリング)を愛する"うし君"の備忘録です
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
やれやれ 
ちょっと前から,オモチャの4A30ターボのファンベルトが鳴いて鳴いて鳴き止まず,全く困ったなぁという感じでした.

最初は誤魔化しの鳴き止めを吹いたりして,しばらくはマシになるも,始動直後はかなりのキュルキュル具合.ウルサイし,ベルト切れるんじゃないかと精神衛生上もよろしくない.

で,ファンベルトの緩みか?と,テンションプーリーのテンションをキツキツに上げてみると,ベルトが1山飛んでしまって,プーリーがテンションに負けて変な角度になってしまう・・・.そんなわけで,緩く貼っておくと,また鳴き出すし,うーん上手くいかない,で放置していました.

そうはいっても,ずっと放置じゃマズイので,今日は,逆に,バッテリとクーラントのリザーバタンク外して,オルタのベルトを貼り直してみることに.オルタのボルトを外して,締め直そうとしたら・・・あれ,何か,舐めてるんですけど・・・,どーやら,車屋が?インパクトで締めたっぽくオルタ側が舐めてしまってネジもおかしくなっちゃってる.

しょーがねーなと,仕方なくタップでM8ネジ切り直し,新しいボルトを入れ,オルタとエンジンの間に1mくらいの鉄の棒を差し込んでオルタを右側に引っ張ってベルトをキツめに張ってみると,何だか,ファンベルトの方もいい感じのテンションで真っ直ぐに張っているじゃないですか!!両方のベルトは直接は関係ないはずだけども,クランクプーリが一緒だから,クランクプーリのブレが収まっていい感じになったのか?

4A30_Turbo.jpg


よくわからんが,これなら行けるかも,と,セル回してみると,見事に鳴き止みました.

ってことで,4A30ターボのベルト鳴き,今回は,1.ファンベルトをテンションプーリが斜めにならない程度に気持ち緩めに張る,2.オルタのベルトをしっかりとキツメに張る,3.結果的に,両ベルトのテンションがいい感じになり鳴き止む,という感じで解決しました.

鳴き止めは根本的解決にはならないから,あまり意味ないかも,まずはオルタのベルトを先に張ってみるべし,と一つ賢くなった?本日の夜でした.1ヶ月近く試行錯誤していての解決なので,かなりどうでもいい車の内容ですが,一応アップロード.

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL




copyright © うしログ-山テレと山サイの日々- all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。