山テレ(山岳テレマークスキー)と山サイ(山岳サイクリング)を愛する"うし君"の備忘録です
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
今度の連休が3連休じゃなくなったので,一足先に3連休にしていつもの山と櫛形山へ.いつもの山は,金曜に夜中までオモチャ車の背伸び作業をした関係もあって,寝坊出撃になったので,ほとんど何もせず,雑仕事して写真を撮った程度.その後,某道の駅で車中泊して,あけた月曜日,K師匠と櫛形山で山サイをしに行きましたです.予想通り,平日なので誰にも会わず,貸切でした.

camp.jpg     DSC_1524.jpg
手足伸ばせます         背伸びしました

某道の駅で,朝起きたら,背面に怪しい自転車を積んでいたせいか?自転車に興味があると思われる方に話しかけられ,ひとしきり山サイ及び怪しい自転車の説明をしたり,なんてハプニングもありつつ,K師匠との待ち合わせ場所に無事到着,お湯を沸かして出発です.

この山は,ルート取りを間違うと階段地獄になるため,K師匠ガイドによる極力階段のない絶妙のルート選択で進んで行きました.(山に階段つけるっていうのは,ホント辞めて欲しいと思う)

SANY0483.jpg     SANY0493.jpg
沢沿い登って         稜線に到着です

そんなわけで,そこそこ登ったんでしょうが,大して疲れもせず,稜線到着,ガスなので,素直に山頂に行って,避難小屋でお昼にすることになりました.

SANY0508.jpg     SANY0510.jpg
貸切の山頂         貸切の小屋

立派な小屋は,南面の窓からの光のおかげで外よりだいぶ暖かく,靴を脱いでマッタリ昼食休憩です.最後に軽く掃き掃除をしたら,いよいよ下り.

SANY0526.jpg     SANY0536.jpg
降りたら天気回復です     途中林道を挟み更に下降

レベル的には初中級と師匠が言うように,乗車率はほぼ100%,雨の日がちょうどいいというのがよく分かります.なので,ムダに左右にバイクを振り回して楽しみつつ練習しつつの下りです.それでも,所々は気合の入るセクションがあって,結局は山サイは楽しいのです.

そんなこんなで山から降りて解散,帰り道は,ちょっと寄り道をしたりして,帰宅は暗くなってから,メインカーを車検にしばらく出すので,夜な夜な積みっぱなしの道具を積み替えて,とやってたら,また夜中になって・・・悪循環は続くのです.

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL




copyright © うしログ-山テレと山サイの日々- all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。