山テレ(山岳テレマークスキー)と山サイ(山岳サイクリング)を愛する"うし君"の備忘録です
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
台風が来たりで大荒れだった?直後の3連休の初日は滝子山へ.

仕事忙しくシルバーウィークなんて言ってる場合じゃなかったが(天気が悪かったからある意味ちょうどよかったけどね),金曜遅くなったものの,気合の4時起きで中央道方面へ.すると,朝っぱらから事故渋滞・・・きっかけで,さらに渋滞が伸びて,またかよという気分.そんなんで平均速度を計算すると下の方が早いと読んだので,八王子からシタミチ.K師匠との待ち合わせ時間に間にあうかビミョーなのでノンストップで飛ばし,再度,渋滞解消地点付近から高速乗りなおして待ち合わせのコンビニにギリギリ到着.朝ごはんと買いだしを済ませました.

不毛な舗装路はカットの方針で,僕のを下山口に置いて,K師匠の車で登山口まで.荷物積み替えの際にK師匠から,ステムを頂いたので,小雨降る中,ステム交換してポジションを変更してみる.さて,これが吉と出るか凶と出るか,本日のお楽しみとして出発です.予報に反し結構な雨で当然入山者もおらず,今日も貸切の予感.大鹿沢はだいぶ増水しており,最初の渡渉地点は結構気を使ったものの,あとは淡々と.

     SANY0447.jpg
沢沿いを担いで     いいナメですね

とりあえず,急にハンドル位置が上がったので,微妙な登りのペダリングとかはちょっと違和感あり.この時点ではまだどんなもんかいなぁと思ってました.休憩2回入れて,昼前には山頂到着.

SANY0449.jpg     SANY0455.jpg
トリカブトをバックに     雲が切れてきました

この頃には雨も上がり,体感的には少し暖かく感じるように.お約束の山頂写真を撮ったり,某山小屋と無線で話をして台風の影響等の情報収集をしたりしつつ,早めの昼ごはんです.そうこうするうちに単独の登山者×2が,やってきました.同じルートをトレースしそうなので,こちらは一足先に12時くらいに出発.

山頂直下はさすがに危ないのでトライせず.前半部分はあまり乗車率は高くなかったけど,女坂を過ぎたあたりからは,オモシロ難しいセクションが現れて,そして,ハンドル上げたおかげか何か乗りやすい.尾根を外れる手前で再度,ポジション調整して,いよいよつづら折れセクションへ.ウェットの微妙な路面ながらも,今までより(自分的には)乗れてる感じです.こんなに違うんだぁと感動でした.ポジション的にはK師匠のバイクに近い感じみたいで,この辺がよいバランスなんでしょう.

0923d.jpg     SANY0465.jpg
K師匠より頂いた写真     午後からの回復でした

満足満足で降りてくれば,すっかり天気も回復,片付けついでに雨具を干して,終わりよければ全てよしの気分です.

で,その後,また移動して買い出し等済ませたら某山小屋へ.のんびりとお手伝いしたりゴロゴロしたりゆっくりした時間を過ごし,いつのまにやら最終日.朝みんなで一仕事終えた頃に,ちょうどStormyさん登場.山頂付近をご一緒させてもらって,本当は,下まで一緒に降りるつもりだったのですが,色々あって小屋でお別れ.また今度よろしくお願いします.

SANY0473.jpg     SANY0481.jpg
ガスも絵になる     山サイ談義中

ってことで,ポジション変えてさらに山サイのみに特化した我がバイク,自分的にはかなり乗りやすい気がしています.やはり色々と試行錯誤する中で,良いポジションとか良い道具とかが分かってくるんだなぁと思います.何がよくて何がダメか,やっぱり自分で試してみないと分からない.逆に,これでいいんだと,試しもせずに思考停止してしまったら,進歩はないのでしょうし,何よりツマラナイですよね.この点は,山スキー/テレマークでも一緒.(だから,万年金欠病なわけですが・・・^^)典型的XCバイクで担いでいた数年前の自分に,オイオイ,それじゃあ,厳しいヤマミチは上手には乗れないよ,と言ってやりたいです.この点,K師匠にはとてもとても感謝なのです.

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL




copyright © うしログ-山テレと山サイの日々- all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。