山テレ(山岳テレマークスキー)と山サイ(山岳サイクリング)を愛する"うし君"の備忘録です
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
久々の雁坂峠 
先月,K師匠とすれ違いになってしまって以来,雁坂峠の周回をやらねばなぁと思っていたので,ちょうどいい機会と,土曜日にぐるりと回ってきました.朝,相模湖で事故渋滞につかまり(中央分離帯に軽が単独で刺さってた,危ないなぁ・・・),タイムロスがあったので,スタートが若干遅くなってしまい,道の駅発8:20.夕立が来る前に駆け抜けたいが果たして?

SANY0220.jpg     SANY0222.jpg
広川沿いなのが救い       夏の雲が沸いてきて

そんなわけで,淡々と亀田林道から雁峠へ.ここで,某山小屋と無事無線をし,夕方行くよ~,と一報できたので,燕,古礼,水晶と続く尾根の縦走に入ります.所謂奥秩父主脈縦走路って奴ですが,花の季節もすぎたので誰にも会いません.古礼の手前で一組あっただけで貸切の山道は,担いで歩いているだけでもいい気分です.いくら景色が良くても人が多いんじゃ楽しくありません,やはり,静かであること,が自分的には一番重要.

SANY0229.jpg     SANY0231.jpg
ちゃんとピーク踏みます     この景色は雁坂ですね

水晶の手前で,某山小屋から,こっちは雨降ってきたぞ~,と無線が入って,こちらもそろそろヤバいかなぁ?と,思いつつも,水晶に出てしまえば,それなりに乗れるので,少しペースアップして,雁坂峠12:10.雲の感じからして,この辺は,あと1時間はもちそうです.そんなわけで,軽く休憩して,プロテクター,ブレーキ確認したら,リスタート.出だしはガレてるので,落石転がさないように気をつけつつ,中盤からは楽しい山道になってルンルンです.つづら折れの途中,鹿の前足が1本登山道に落ちていました(熊にでも食われたのでしょうな).峠沢沿いに出てしまうとハイライト終わり.あとは巻きながら沢沿いに行って,渡渉の後はまた快適山道であっという間に林道へ.林道を一気に下り,調子にのって下りすぎてしまったが,まぁいいやと,R140を戻って道の駅13:36到着.

SANY0237.jpg     SANY0241.jpg
結構久々の雁坂峠       ギリギリセーフ

車の無線から,無事降られる前に降りたよと某小屋に一報入れて,撤収おわらせ,さて移動するか,と思った矢先に,ポツポツと来たと思ったら,ザーッと本降りに.甲府盆地に降りたら,激しい雷雨と落雷で,温泉に避難し,降りが弱くなったのを見計らって,某小屋へと夕方から向かったのでした.

そんなわけで,今回のタイム↓

8:20道の駅出発-8:30ゲート-10:07雁峠-11:18古礼山-11:45水晶山-12:10雁坂峠着
-12:18雁坂峠発-13:18林道-13:36道の駅到着

あと1時間~2時間早く出れば,気温がより涼しく,前半のペースがもうちょっとあがったかも?累積1250m位の割にはまぁまぁだったでしょうか.山サイだから,この時間で一回りが可能って感じでしょう.下りは,林道に出たところで,自分よりちょっと前に峠を出た,甲武信を回ってきたという健脚な男性に追いついただけで,あとは誰にも会わなかったです.

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL




copyright © うしログ-山テレと山サイの日々- all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。