山テレ(山岳テレマークスキー)と山サイ(山岳サイクリング)を愛する"うし君"の備忘録です
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
また,例のブナの山へ 
原発のせいで,東北方面に行きにくいため,信州方面へ.

そんなわけで,ブナの森で,テストライドしてきました.

     DSC_8964.jpg
霧氷が美しいブナ癒されるね  今日向きじゃないのは百も承知



SANY1672.jpg     SANY1677.jpg
でも,ザラメなら問題ナシ     飛んでみましたよ?


で,結論.やはり極太板は粉の季節がいい,けど,意外と,重い雪でもイケる!

ただ,粉以外の上り下り考えたら,やっぱり,太板くらいが真のオールマウンテンなんでしょうね.自分的には,BDのDrift.ソフトなロッカー+waist 100mm,はかなりいいディメンションと思っています,しかも,それでいて軽量で結構しっかりしてるし.逆に,オールマウンテンとされるwaist 75mm未満の板は,全部売り払ってしまいました(だって使い道がゲレンデくらいしかないんだもん・・・)

てわけで,

粉で大斜面:スーパーファット125mm,浅いノーマルキャンバー,ツインティップ
粉で樹林帯:スーパーファット127mm,フルロッカー,ほぼゼロキャンバー,ツインティップ
 冬~春先:ファット100mm,ソフトロッカー,ノーマルキャンバー,ノーマルテール
  春~夏:ファット90mm,メタル入り,ノーマルキャンバー,セミツインティップ

の使い分けで,しばらく行きそうです.腕を磨くことはもちろん必要ですが,適材適所でいい道具を使うこともスキーには大事,と思っています.特に粉の時期は,ラッセルで入るわけだから,浮力があることが一番です.入門者はオールマウンテン,なんて決まりはどこにもないわけで,無難な1本なら,ファットスキーを買うべき,と思ってたりします.むしろ,細い板こそ,うまい人が乗らないと,山の中じゃあマトモに乗れませんです.

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL




copyright © うしログ-山テレと山サイの日々- all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。