山テレ(山岳テレマークスキー)と山サイ(山岳サイクリング)を愛する"うし君"の備忘録です
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
どか雪が来た後,ちょっとだけ回復傾向の天気予報を見て大橋にでも行ってみるかと,Hさんと日曜に大橋界隈へ行ってきました.

夕方待ち合わせし夜移動し大橋へ.夜の時点では大橋付近の路面もパウダーでありました.で,おそらくは土曜入ったと思われるトレースが1本,まぁ何とかなるかねぇというわけで,あとは,地形図みながら宴会しながら,翌日のプランを練って,大橋から佐渡山に登って北東面を下って外輪に登り返して黒姫の稜線に上がってもどってこようかということになりました.

で,蓋をあけてみての翌日.朝,7時半すぎに大橋に到着すると,車は一台だけで,ちょうど出発準備中という感じ,立ち話をして我々も後から追うことにします(MLに入っている長野のKさんでした).で,8時15分くらいに出発しました.

     02_DSC_7681.jpg
朝はマズマズだった     長野のKさんと立ち話

林道分岐で先行のKさんに追いついて3人で立ち話.Kさんは黒姫方面へ,我々は佐渡山方面へということになりました.分岐からちょっと先で前日のトレースはUターンしていました.というわけで,あとはラッセルラッセル.

03_DSC_7685.jpg     04_P1170452.jpg
強引にシールのまま     難儀のラッセルで

取り付き付近に来ると・・・あー,ヤブヤブ.これじゃあ帰るよねふつー,という状況です.どーしましょ,とHさんと話をしますが,まぁ,時間も早いしねぇ,と,行くしかないでしょう的な感じとなり,ダメと分かっていても藪へつっこむのです(そういうラッセル嫌いじゃないですしね・・・)

あとは,ズボズボのラッセル,軽い雪に加え,ベースの笹やら枝やらも沈み込むのでかなり難儀です.樹の枝つかまってグイグイと,気合のラッセルラッセル.佐渡山ごときで,と言ってはなんですが,予想外に苦戦しました.

05_DSC_7687.jpg     06_DSC_7704.jpg
尾根から後ろを見て     山頂稜線もこの光景

しかも,高度を上げても藪が埋まる気配はなく,コルをすぎて稜線に上がっても,ヤブです,ていうかヤブしかないです.結果的に,佐渡山の山頂まで延々と藪でございました.もう笑うしかないです.そんなわけで山頂に11時半.少しでも美味しいとこがありそうならば,下ってもう一本登り返してとなるところですが,当初予定の北東面もダメな感じ.天気も回復どころか逆に吹雪いてきて,これじゃあ黒姫の稜線もヤブヤブだろう,というわけで,ピストンでもどることに.

稜線はほぼトレース伝いで,そこからは,笹をなぎ倒しながら直線的なライン取りで下ります.稜線~佐渡山コルのちょっと下までは,少しは滑りが楽しめた気がしなくもないです.雪が軽いのに救われた?かな??あまりに密な笹にはスキーを取られてタイムロスもありつつ.さっさと降りて渋滞前に帰っちゃおうって気分で写真すらまともに取らずでした.

07_DSC_7705.jpg     08_DSC_7708.jpg
ピークは踏みましたよ     戸隠大橋の工事現場

大橋に戻れば,黒姫に行ったKさんと新潟の2人組の方も居て,お互い駄目だったねぇ~と,藪スキー談義で盛り上がり,なんだかほんわかした気分になったのです.毎回こんなんじゃちょっとなぁですが,たまには笹スキーもアリでしょう.ドMにピッタリのこの時期のサド山でした.

尚,大橋では堰堤工事で駐車スペースがだいぶ狭くなっております.工期は年度末までと書いてありました.ハイシーズンの週末ならば,早い時間じゃないと駐車場所に工夫が必要そうですね.面倒だけど,車一台にまとめていくとかいう作戦もありかもです.

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL




copyright © うしログ-山テレと山サイの日々- all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。