山テレ(山岳テレマークスキー)と山サイ(山岳サイクリング)を愛する"うし君"の備忘録です
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
きのーは,もしかしたら今シーズンのラストパウダーになるかも,ということで,有給消化を兼ねつつ?懲りないテレマーク仲間3人で,3時起き,守門方面へ.赤城からはチェーン規制,湯沢からは吹雪+轍走行となり,あまり飛ばせず,入広瀬まで結構時間がかかってしまいます.でも,平日だから遅めでもまぁ空いてるでしょうっていうことで.

路肩の雪をどけて車を置いていると,浅草に向かうという新潟ナンバーの山滑りの方と立ち話,今日のコンディションならムジナ沢もまずまずだったんでしょうねー.

そんなわけで,出発は9時過ぎ,陽が出てきてしまって,せっかくの新雪がおもーくなってきちゃいます.

01_DSC_1846.jpg     02_DSC_1866.jpg

林道に降りて,破間川の橋を渡って右岸に出たら林道歩き.林道末端で下黒姫沢の川原に降りて,右岸をしばらく進み,あとはスノーブリッジをつないで沢を詰めていきます.特に右岸の遙か頭上には巨大な雪庇が続いており,ところどころにデブリ.崩壊したらヤバイなぁという気分で,黙々と進んでいきます.それにしても日射が強烈で,雪は激重,シールワックス塗ってるのに下駄です.大戸沢岳の疲れも残っているのか?イマイチペースが上がりません.

03_DSC_1894.jpg     04_DSC_1911.jpg

750mくらいで左岸の尾根上に取り付き,時間は10:30くらいでした.尾根に乗ればブナのいい森,雪は相変わらずの激重で,脛ラッセルがキツイ,けど,気合を入れて?標高を稼ぎます.で,何とか稜線到着12:30,大した標高差じゃないのに,予想外に苦戦して時間がかかってしまいました.それだけ重い雪だったと思っていただければ.こんな雪ならスーパーファットにした方が楽だったかも.(あ,でも,下駄になった場合の重さも辛いか・・・)

05_P1160102.jpg     06_DSC_2015.jpg

稜線直下は,Hさんと自分は2本楽しんで,その後も,変化に飛んだ楽しい急斜面が所々,重い雪ではあるけれども,登りに思ったほどの激重な感じはそこまでなくて,ファットくらいの浮力でもいなす事は十分可能,重パウランも悪くないかも,ってところでした.

07_SANY0547.jpg     08_DSC_2056.jpg

天気も完全回復で,美味しいとこを欲張って登り返したこともあり,16時すぎに駐車地点,なんだかんだで,累積標高1250m程,日曜が1550mくらいだったから,両方合わせると2800mくらいにはなってるんですね.

路肩で片付けしていると,車で通った地元のテレマーカーの男性と楽しいスキー談義,シュプール見えるの?みたいなことから,車に積んであった双眼鏡を思い出して自分らのラインを鑑賞?してみたり,といった感じでした.

09_SANY1044-2.jpg     10_DSC_2117.jpg

双眼鏡写真を撮るのに時間使ったり,大白川の先で只見線とすれ違ったりで,高速乗ったのは夕方,それでも平日の関越は渋滞もなく,ストレスフリーで無事帰宅.おそらくは,今シーズンラストのパウダーランかなぁ,登りは激重雪に苦しめられたけれども,午後になって雪雲がかかるようになったのが良かったのか?思いの外,パウダーランが楽しめて,今年度のいい〆となった山滑りでした.

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL




copyright © うしログ-山テレと山サイの日々- all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。