山テレ(山岳テレマークスキー)と山サイ(山岳サイクリング)を愛する"うし君"の備忘録です
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
28日の大戸沢岳 
3月最後の週末は,桧枝岐の大戸沢岳へ仲間6人と行ってました.

快速?チームとまったりチームに別れて無線で連絡とりつつっていうスタイル,午後から崩れる予報でしたが,薄日がさすくらいの高曇りで終始天気がもってくれてまずまずの山行でした.

7:15くらいにスノーシェッド脇を出発,先行する単独の方がいるようです.取り付きは急登,ツボのトレースがデコボコしてシールだと登りにくい,ケド,可能な限りシールで登る派,の自分としては,ジグを切って登り上げます.

     02_DSC_1728.jpg

尾根に上がってしまえば効率のよい登り,三ッ岩山の大斜面も見えてきていい感じです.ブナの森はいいなぁ,なんて思いながら,黙々と高度を稼いでいきます.

03_DSC_1745.jpg     04_DSC_1759.jpg

先行する方に追いついてちょっと立ち話,その後,先頭交代し1500mのあたりから山頂までずっとラッセルの一人旅でした.頂上直下の斜面は,足首~脛のラッセル,ぐいっと登って10:30くらいに山頂台地到着,効率良く登った1200mアップ,一番乗りの山頂はやはり気分がいい.会津駒のピークは見えないけれど燧ヶ岳や三ッ岩がよく見えます.

05_DSC_1787.jpg     06_P1160027.jpg

Hさんの到着を待ち,2人でファーストトラックを頂きます!尾根上はパック雪で微妙なので,若干北東向きの沢状を,狙うと,重めながらもパウダー.予想外にいい感じ.そんなんでオープン斜面を一気に滑ったら,山頂まで登り返して,今度は山頂に着いた仲間と合流して快速チーム3人でもう1本.2本目は気温が上がってきたせいか,重たい雪質となってしまいました,が,ファットスキーの力を借りてのパウダーラン.

07_DSC_1809.jpg     08_P1160033.jpg

大斜面を下り終わり,東尾根1500mくらいのピークのところからは,トレース多数,どうやら途中で引き返した人らのものらしい.これらのトレースを避けて,尾根の北西面を滑ってはトラバース,を繰り返すことで,なかなか楽しいパウダーランをし,最後は消化試合.

09_P1160036.jpg     10_DSC_1833.jpg

取り付き部分は,雪が溶けてツリーホール拡大,地面も出つつあるような状況でした.でも,上はとっても楽しめて,登り返し含め1500m以上の累積標高を登った甲斐がありました.でも,そろそろ,今シーズンの賞味期限は切れるかなぁ.

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL




copyright © うしログ-山テレと山サイの日々- all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。