山テレ(山岳テレマークスキー)と山サイ(山岳サイクリング)を愛する"うし君"の備忘録です
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
昨日の雨飾山P2 
先週末は,最初,南岸低気圧の降雪に期待して,雪降る中,赤面山に行ったのだけど,雪が少なすぎ,そこから,鉄山の西尾根にでも行こうと福島まで転戦したものの,雨で雪が減っていてガチガチで,んー,微妙.悩んだ末に,デコからどこか軽く行くかと,結局西大巓の南西尾根にちょっと入って下のほうで穴掘って遊んで帰ってきました.うっすら降雪の下は,雪もガチガチで早く恵みの寒気が入ってこないかなぁと思ってたら,今週,ドカ雪で冬型になったので,年度末だけども,速攻で有休取って雨飾山に行ってきました.

前夜,仕事終わってから(また山か?という視線を感じつつ?,さっさと帰り),車に荷物詰め込んで高速を移動,途中でHさんをひろって更埴で降りる.オリンピック道路経由で白馬に入ると本降りの雪.2週間前の秋田の激パウを思い出し,気分上々.温泉で仮眠.

翌日,白馬からツルッツルのR148を移動して小谷温泉へ.温泉下のスノーシェッドに駐車して準備後,シールで出発.山田旅館に続々と車が集まってきてました(ツアーでもやっていたのだらふか?)

01_P1150434.jpg     02_DSC_1240.jpg

山田旅館の裏で除雪は終了のため,適当にとりついてヘアピンをショートカットです.ラッセルのスキーはやはり楽しい.効率悪い林道を延々と進みます.雪は降り続いており,もっとふれーって感じです.

03_DSC_1246.jpg     04_P1150465.jpg

林道終点からセオリー的には,右手にちょっと回り込んでから取り付くんでしょうが,平坦歩きが面倒になった,とのHさんの言により?真正面を直登.膝ラッセルでシールでギリギリだけど,いい汗かけていい感じ.一段あがっちゃえば後は程よい斜度でぐんぐんと登っていきます.急斜面で後続の数名が見えたけど,追いついてこないので,一段とペースをあげて,雨飾山P2までラッセルしてファーストトラックを滑るのだモードでした.

05_DSC_1320.jpg     06_ALPS_DSC_1306.jpg

休憩込み4.25hでP2到着,ラッセルだったのでこんなもんかな.ガスが流れつつも晴れ模様で,北アルプスも綺麗でした.目の前にまっさら大斜面,沢状は雪がちょっとヤバそうなので登った小尾根上をメインに重パウを頂ます!

07_Powder1_DSC_1325.jpg   08Powder1_P1150478.jpg   09_Powder2_P1150478.jpg

ちょっと重いけど,でも,やっぱりパウダーランは最高です.日曜のガチガチの雪と比べて大違い.登ろう滑ろうというモチベーションが全然変わってくるもんです.直下の美味しい所を滑ったところで,あとは尾根のどこから大海川へドロップするかってとこですが,すぐのところは後続パーティーが滑り込んでたので,尾根をちょっと先まで進むことに.そんなわけで,トラバかけつつ降りたら,プチ雪崩発生.Hさんが埋まりかかるもうまく避けて大丈夫.

10_Avalanche_DSC_1333.jpg     11_DSC_1336.jpg
雪崩発生の瞬間,亀裂が入った  見えなくなったヤバイか?

12_DSC_1341.jpg     13_trap.jpg
おー,危なかったー!     足元が割れました

その後,やれやれと尾根を滑ってたら,今度は自分がターンして切り返そうと足を入れ替えた瞬間に足元の雪が割れ,真下に自由落下.テールから着地したので,事なきを得たけれど,深さ2m弱の隠れ穴に落っこちたのでした.そんなんで,スコップだして階段作って脱出して,やっと,大海川へのツリーラン.

14_Jump_P1150492.jpg     15_P1150495.jpg

雪もだいぶ重くなってきたけれど,なるべくブナの木陰を狙っておりていきます.これもまた楽しい.大海川に出て,川原でまったり休憩して,シール貼って林道までラッセル.まだ誰も戻ってなかったようで,滑りイマイチの登りトレースを半分歩きつつダラダラ滑って車のところに15時.累積1200m up(全ラッセル),いい一日でした.

でもって,今日はまた仕事して明日から土日.また前線通過で,今日,明日と気温が上がってしまう予報だからなーっていう,イマイチのモチベーション.日曜軽く近場でどこかに行こうか,それとも,久々に山サイでもしようか,悩ましいところです.でも,どこかの山には行こっと.

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL




copyright © うしログ-山テレと山サイの日々- all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。