山テレ(山岳テレマークスキー)と山サイ(山岳サイクリング)を愛する"うし君"の備忘録です
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
今週は,かなりイマイチの天気.土曜はダメだろってことで,今朝,一応5時に起きて,各所のライブカメラを朝ごはん食べながら6時くらいまでチェックしたけれど・・・,候補の所は,雪降ってないし,代案で考えてた近場は,ガスで視界ないし,で,結局,だめだこりゃともう一回寝た次第.まぁ,行ったら行ったで雪はあったんだろうけど,先週のウハウハの粉雪から,一気に悪雪となるとなんかモチベーションダウンなんですよねぇ.

そんなわけで,普段の片づけやら,買い物やら,あまってたネットブックを車載できるように改造したりとか,そんな感じでございましたとさ.車載はかねてからやってみようと思ってたので,分解して液晶取り出してタブレットっぽくした上で,ステーを作って載っけてみました.これでライブカメラ見ながら行き先決められるかな,とか,いつでもgoogleれるとか,そんなメリットがあるかなと.もちろん高いカーナビ買えばネットつなげられますけどね~,ナビはGPSで現在地がわかればそれでいい,って割り切ってるので,ついでに不用品をリサイクルってのがミソなわけでした.

SANY0961_s.jpg
On-board EeePC


と,どうでもいい話が長くなりましたが,先週の秋田,粉雪ツアーの続きです.


最終日の先週日曜は,また遠い道のりを帰るから軽めで,と,当初思うものの,やっぱり,自分の足で稼いだ分だけ滑る方がいいでしょう,ということになり,乳頭山に行くことにしました.


蟹場温泉に下山後お風呂入るので,とお願いして車を置かせてもらいます.除雪で動かすことがあるからとのことで,鍵を預けての出発です.(無断でおくのはNGです)大釜温泉のところから孫六への林道に入り歩いていきます.林道上ですら積もっている雪は綿のように軽く,一歩踏み出すために雪がふわっと吹き飛びます.すばらしいパウダーでした.

11_DSC_1036.jpg     12_DSC_1054.jpg

孫六の手前から尾根に取り付きます.誰も入ってないようで前日から降雪が続いているため,スーパーファットでも,脛くらいのラッセルです.でも,雪が軽いので,そんなに気になりません.取り付きはちょっと急だけど,ガイドブックにあるような急登ってほどではなかったです.フツーに登り,尾根に上がれば,かえって緩くなりすぎます.効率悪いなぁと思いつつつ,それでも平坦とやや急なのが交互に続く感じ.そして,周囲はブナの森で,やっぱりいいなぁ,と思います.林相が針葉樹が増えてくれば田代平の稜線も間近.遠く乳頭山も見えてきます.田代平の避難小屋の周りは,樹氷原.なんか,西吾妻みたいな雰囲気でした.

13_DSC_1127.jpg     14_DSC_1136.jpg

田代平から乳頭山までは,滑りとしては,ほとんど価値なし.基本的にシュカブラでガタガタ,斜度もないし,という感じです.ただ,ピークハント目的ならすぐだから行くべきでしょう.ってことで,強風の中,シュカブラ帯をガシガシと登ります.スーパーファットでの下りが相当に思いやられます.それで,山頂についてみれば,景色は素晴らしく,風の強さも素晴らしく,寒さも素晴らしく,長居無用でさっさと下ります.登った尾根の東の沢沿いをちょっと滑った後,雪庇の弱点をついて小屋までトラバースし,孫六からの尾根に戻ります.

田代平からの尾根下りは,まぁ,斜度があまりない.パウダーランとしてはもう少し斜度が欲しいなぁ.そんなわけで,途中から,女夫石沢へドロップ.こっちは斜度もあり板が走り超楽しいパウダーランです.(ただ,もちろんリスキーなので,そこら辺の判断は自分でしてくださいね)

15_DSC_1180.jpg     16_P1150354.jpg

沢が温泉なのか?途中で沢が割れて深くなってしまったので,トラバースかけて孫六の林道を目指すものの,なんだかトラバース自体が面倒になったので,シールを貼って,右岸の尾根へと登り返し,蟹場温泉まで一気に下る方針に変更です.蟹場温泉の裏も,これまたいい斜度でパウダーがたまっており,車に着く直前まで,快適パウダーラン.秋田ツアーの素晴らしい締め,となりました.

そして,温泉入って,延々と続く東北道を運転して夜に帰宅.今週のこの温かい天気を考えると,今シーズン,ラストの素晴らしいドライパウダーを3日間も堪能できて,行った甲斐があった,行っておいてよかった,といったところですね.

以上,報告でございました.

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL




copyright © うしログ-山テレと山サイの日々- all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。