山テレ(山岳テレマークスキー)と山サイ(山岳サイクリング)を愛する"うし君"の備忘録です
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
山スキーMLの報告に先週の根子岳があったので,金曜の南岸低気圧通過後を狙って根子岳に行ってみましたが・・・雪,全然ないじゃーん!だったのであります.IC降りて菅平へ車を走らせるも,何か雪があまりない.いつもの通りゴルフ場に車を置いて偵察に行くも,非常に微妙な状態.山を見ても笹原がやたらに目立ち雪の気配なし.これじゃあスキーには全くならないなぁ,というわけで,急遽仲間と相談し,旧鹿沢からの湯ノ丸山に行ってみることに変更です.

様子見がてら,鳥居峠経由で鹿沢を通過して移動してみると,菅平よりも全然雪ありました.鳥居峠,地蔵峠とも明らかに昨晩の降雪で轍の深さ的に15-20cm位はあります.これは期待出来そうってことで,マイナスになったテンションも上がります.

     DSC_9194.jpg

そんなわけで旧鹿沢に車を置いて旧ゲレンデから取り付きます.移動があったので出発時間は遅め,700mアップくらいだから山頂は昼かなという感じ.藪はまだまだ隠れてません,けど,固い木とかではないので,なぎ倒しつつ滑ってくれば何の問題もなさそうです.

DSC_9200.jpg     DSC_9214.jpg

湿った雪が下駄となってクライミングスキンに纏わり付くので,途中スキンワックスを塗り足したりしつつ,クマザサと雪のミックス帯?を登っていきます.まだまだ雪が薄いので,山頂直下の急斜面は結構きついです.重い雪のラッセルだけならまだマシだけど,クマザサの沈み込み,があるのが何とも.通常のラッセルよりもさらにトップを持ち上げることを意識しないと,引っかかってしまうんです.ラッセル訓練と考えればよい運動になるので,淡々と登り上げます.

DSC_9222.jpg  DSC_9234.jpg   DSC_9257.jpg

でもって昼くらいに山頂到着,誰も居ないのでゆっくりランチタイム,近くの浅間も北面は雪がありそう,富士山も良く見えました.しばらくすると団体の登山者が上がってきたりで賑やかになり,また,寒気が入ってきているのか,北西からのガスが流れてくるようになったので,そそくさと下山に入ります.雪が薄いので,下りもトップを浮かしてとにかく沈み込みすぎないようにしないと,板がクマザサに引っかかって大変なことになってしまいます(仲間は七転八倒苦労してました^^).とはいっても,自分的にはモナカ雪やアイスバーン滑るよりは遥かにマシ,雪は柔らかいし,斜度もまずまずあるので,ラインは好きなようにコントロールできます.クマザサも柔らかいから,板に傷も付かないし,これはこれでアリかな楽しいかな,でした.

P1140005.jpg  P1140011-0.jpg  P1140011-1.jpg

最後はバキバキと藪をなぎ倒しつつ滑って終了.あー楽しかった^^.雪質的には太くて抜けのいい板がよかった感じ.鹿沢ハイランド&湯の丸帰りと思われる一般スキースノボの人らのなんだあいつら的な視線を浴びつつ?地蔵峠下の駐車スペースで片付けを済ませて家路につくのでありました.

そんなわけで,湯の丸山での笹スキー?は,まずまず楽しめたけど,あと50cmくらい積もってくれると,もっと快適でしょうねぇ.こんな状況の斜面をシールで登って降りてくる奇特な人は他には居ないようでありました.次回,南岸低気圧でドカ雪が来たときが狙い目かもしれません.


コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL




copyright © うしログ-山テレと山サイの日々- all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。