山テレ(山岳テレマークスキー)と山サイ(山岳サイクリング)を愛する"うし君"の備忘録です
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
土曜日の雨が,きっと高いところでは雪になっただろう,そう期待して行って来た神楽ヶ峰でしたが・・・,思ったほどの雪じゃなかったです.(うーん,どうして?気温高かったからかな?)

前日,三国峠のライブカメラを見ていると,夕方かなりの降り方をしていたので,これは行けるかも?ということで早朝発でかぐらに行くことに.かぐらも雪不足で,みつまたロープウェイから先は,シャトルバス,さらにかぐらゴンドラも往復乗車,という状態でした.みつまたなんか,全然雪がなかったです,田代も来週本当にオープンできるの?.

DSC_9143.jpg   DSC_9153.jpg

そんなわけで,ガスの中,かぐらゴンドラ終点に到着.いつもなら,こっから第一高速リフトでトップまで,なんだけど,生憎動いてないので,動いてる第一ロマンス?のトップへ移動します.んー,何か,ガス濃いし,かぐらなのに誰も山に行く雰囲気ナシ.そんなわけで,意外だなぁと思いつつ,ダラダラと準備をしたら,シール貼って登り始めます.

第一高速の裏手から,シールのまま,一度,第五の乗り場に下ったところでお茶のんで軽く休憩してたら,スプリットボードの人に追いつかれました.ちょっと話をして,先に行かせてもらいます.追いつかれたらラッセル交代してもらえばいいしってことで.で,ガスだし,大体地形頭にあるしで,ガシガシと登っていったら,あっという間に第五トップ,んー,やはり雪,すくないっすね.

DSC_9158.jpg   DSC_9169.jpg

第五トップで休もうかとも思ったけど疲れてないので(←全然登ってないんだから当たり前です),そのまま登っていくことに.普段にぎやかなかぐらなのに,ましてや日曜なのに,誰も登ってこないなんて!意外でした.でも,かえってずっと一人ラッセルになったので,それはそれで楽しい.無垢の雪を登っていく感覚は,滑る感覚に勝るとも劣らずいいものです.

DSC_9179.jpg   DSC_9184.jpg

中ノ芝あたりは岩とかベンチとか見えてる感じで,やっぱ少ないなぁと思いつつ登ると,ガスも上がってきて流れ行く雲の切れ間には時折青空も.きっと山の表は晴れてんだろうなぁ,なんて思いつつ進んでいけば,あっという間に稜線です.登り始めて1時間20分くらい,ルート取りは特に苦労もなく,大したラッセルもなく物足りない.写真とらなきゃ1時間の行程ですな.まぁ,でも腹も減ったのでうろうろしてゴハン食べて,昼前に下り始めます.天気は不思議な感じで,気温高め,風はあまりなし,雪はまったくちらつかず,といった具合でした.

Frame2.jpg   Frame3.jpg

そんなわけで,さくっと下り.上ノ芝まで歩行モードで下っており何だか今日は調子が悪いと勘違い,何やってんでしょう.滑降モードに直してから,なんどかやらせ撮影を,そうでもしないと一瞬で降りてしまうので・・・.

第五リフトのコースに入ると,途中,スプリットボードの人が登り返してました.第五の2本目なそうな.どうやら,他にシュプールもなく,今日入ってたのは2人だけのようでした.第五乗り場からシール貼って,第一高速トップに登り返し,そこから第一ロマンスリフトトップまで,また貸切の斜面を滑ってゲレンデへ.ゲレンデの方がガスが濃くて何も見えずおそろしや,でした.こんなところは金もらっても滑りたくないぞ.

SANY0726.jpg   SANY0728.jpg

ゲレンデに用はないので,さっさと降りることにし,ゴンドラ,バス,ロープウェイと乗り継ぎ(立山じゃないんだけど・・・)13時半過ぎには,湯沢ICへと向かうのでした.ちなみに,写真は,みつまたロープウェイから見た景色.みつまたは全く雪がなく,R17沿いも同様にありません,雨で全部溶けてしまったようですな.

ってことで,早目に関越乗れたし,珍しく事故の類もなかったので,渋滞なく明るいうちに帰宅できてもうアップしちゃったわけです.こんだけ早く帰ってこられると楽ですね.近場でなかなか雪がない中では,休日だというのに貸切の神楽ヶ峰(稜線まで)で,まぁよかったかなってところです.

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL




copyright © うしログ-山テレと山サイの日々- all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。