山テレ(山岳テレマークスキー)と山サイ(山岳サイクリング)を愛する"うし君"の備忘録です
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
Longitude=0 
もうちょっとだけコッチに居るので,再度アップ.ずっと天気が良くて,朝晩は寒いが昼間はポカポカ快適です.日本車が沢山走ってます.TNHはもちろん,SSMMも色々と.高級住宅街に911とかに並んで,WRX Stiとか,GT-Rとかがあるんだから,ちょっとうれしい感じです.

     DSC_2217.jpg
ペンギンと牡蠣          ベタですけどね



DSC_2347.jpg     DSC_2333.jpg
Longitude=0            リスがたくさん

そんなわけで,治安も悪くないし,なんだかんだいって,英語圏は楽でいいです.
スポンサーサイト
page top
今週はお出かけ中 
ということで,飛行機と電車乗り継いで,だいぶ遠い所まで来ております(仕事ですよ・・・)
Sim freeで Pay as you goな感じなので,とっても便利&日本に比べてかなり安い,とあって,ケータイ事情はとてもいい感じです,テザリングももちろんOK.(ドコモの海外パケホを使うよりも,現地でSimカード買ってSim freeのケータイで使うほうが格段にお得なのです)

 DSC_1869.jpg DSC_1875.jpg

ってことで,そろそろ寝て普通に起きると,明日は時差ボケなおるでしょう.なるべく車でビューンと行くのが好きな僕にとって,久々に公共交通機関だけで移動したのでだいぶ疲れました.
page top
紅葉の山へ 
紅葉,晴天,週末,3拍子揃うのはなかなかない,ので,チャンスは逃したくない.ってことで,多分,今日がピークと読んでいた,ホームグラウンドへ出動です.

金曜,出張で遅くなったので,土曜日は朝寝坊し,暴風雨の首都高にのって移動,その後,案の定事故渋滞やってたので,シタミチで延々と移動でした.で,ホームグラウンド付近では,天気が一旦回復で晴れ間も出たりでしたが,夜から早朝にかけてはかなりの暴風雨となりました.で,今日は,朝から急回復して抜けるような青空のもと,紅葉をたのしみつつの山サイです.

DSC_1747.jpg     DSC_1803.jpg
気持ちいい天気です     落ち葉も増えました

登るタイミングと下るタイミングを上手くずらしたこともあり,誰にも会わず貸切の紅葉の森を駆け抜けます.広葉樹の森は植生も豊かなので,色とりどり,燃えるようなモミジやブナやナラの黄色系まで秋晴れの空に映えます.このタイミングで山の中に居られることに感謝.

DSC_1821.jpg     DSC_1838.jpg
色とりどりの森を駆け抜けて     担いでいても疲れません

そんなわけで,のんびりとしつつも,そこそこの運動はして,今回もまた大満足の週末となりました.
page top
やれやれ 
ちょっと前から,オモチャの4A30ターボのファンベルトが鳴いて鳴いて鳴き止まず,全く困ったなぁという感じでした.

最初は誤魔化しの鳴き止めを吹いたりして,しばらくはマシになるも,始動直後はかなりのキュルキュル具合.ウルサイし,ベルト切れるんじゃないかと精神衛生上もよろしくない.

で,ファンベルトの緩みか?と,テンションプーリーのテンションをキツキツに上げてみると,ベルトが1山飛んでしまって,プーリーがテンションに負けて変な角度になってしまう・・・.そんなわけで,緩く貼っておくと,また鳴き出すし,うーん上手くいかない,で放置していました.

そうはいっても,ずっと放置じゃマズイので,今日は,逆に,バッテリとクーラントのリザーバタンク外して,オルタのベルトを貼り直してみることに.オルタのボルトを外して,締め直そうとしたら・・・あれ,何か,舐めてるんですけど・・・,どーやら,車屋が?インパクトで締めたっぽくオルタ側が舐めてしまってネジもおかしくなっちゃってる.

しょーがねーなと,仕方なくタップでM8ネジ切り直し,新しいボルトを入れ,オルタとエンジンの間に1mくらいの鉄の棒を差し込んでオルタを右側に引っ張ってベルトをキツめに張ってみると,何だか,ファンベルトの方もいい感じのテンションで真っ直ぐに張っているじゃないですか!!両方のベルトは直接は関係ないはずだけども,クランクプーリが一緒だから,クランクプーリのブレが収まっていい感じになったのか?

4A30_Turbo.jpg


よくわからんが,これなら行けるかも,と,セル回してみると,見事に鳴き止みました.

ってことで,4A30ターボのベルト鳴き,今回は,1.ファンベルトをテンションプーリが斜めにならない程度に気持ち緩めに張る,2.オルタのベルトをしっかりとキツメに張る,3.結果的に,両ベルトのテンションがいい感じになり鳴き止む,という感じで解決しました.

鳴き止めは根本的解決にはならないから,あまり意味ないかも,まずはオルタのベルトを先に張ってみるべし,と一つ賢くなった?本日の夜でした.1ヶ月近く試行錯誤していての解決なので,かなりどうでもいい車の内容ですが,一応アップロード.
page top
出遅れた連休は・・・ 
秋の連休ってこで,一般人がワラワラと動き出す前には動き出さないとなぁと,未明に起きた,はずが,二度寝して目覚めたのは6時半,うわー,駄目じゃん,ってなことで,なるべく混まないルートを使って何とか渋滞回避し,シタ道でトコトコと移動です.こういう時は,ノロイ車の方が気楽,なので,今週もオモチャで出動.ギア比の関係で,ローやセカンドはアイドリングで適当にクラッチつないでもラク&燃費も遅いほうが良好というわけで,メインカーで渋滞にハマってイライラするより,何だかいいんです.(一気に300kmとか500kmとかならコレで行く気はしませんが)

そんなわけで,多分,紅葉はそこそこだろうが,人は居ないであろう某林道の先に車を置いて,某峠経由某山へ.

DSC_1558.jpg     
紅葉のいい某所へ      今週もオモチャで出動

案の定,峠で単独行とすれ違った以外は誰にも会わず,下りは貸切のヤマミチ,後輪振り回して遊びつつです.定番の観光地は混んでたのでしょうが,そういう方面にわざわざ休日使ってまで行く気はしない,静かな山で楽しい時間を過ごせたら,それで十分です.ノーブランド,バンザイ.

DSC_1569.jpg     DSC_1583.jpg
晴れた日は山で担ぐ      笹薮下りもまた楽し

その後,下山しホームの山へ向かえば,Mさん&Nさんが先に到着されてました.豪華な料理で宴会しつつ,早めの消灯.翌未明に起きてみれば,ガスが晴れて満天の星.そんなわけで,カメラをbulbでセットして一仕事してから,ご来光を眺めに.そのままバタバタとしてたら,何だか,時間はあっという間に過ぎて,一度下山することに.

DSC_1599.jpg     DSC_1604-2.jpg
Giant兄弟とパスハン     北極星の方角です

Mさん&Nさんと一緒に,紅葉を愛でつつ某ルートを下って行きます.そして,自分だけもう一回登り返して,山の上で夕飯を食べてから帰宅の途に.暗くなってからの道中のワインディングは,みんな慣れた車ばかりで,とてもいいペースで流れ快適快適.渋滞にハマることなく帰って来て無事に連休が終ったのでした.寝坊した割には,土日で標高差稼いで,今週もマズマズの運動量を維持,いいオフトレになっています.
page top
今度の連休が3連休じゃなくなったので,一足先に3連休にしていつもの山と櫛形山へ.いつもの山は,金曜に夜中までオモチャ車の背伸び作業をした関係もあって,寝坊出撃になったので,ほとんど何もせず,雑仕事して写真を撮った程度.その後,某道の駅で車中泊して,あけた月曜日,K師匠と櫛形山で山サイをしに行きましたです.予想通り,平日なので誰にも会わず,貸切でした.

camp.jpg     DSC_1524.jpg
手足伸ばせます         背伸びしました

某道の駅で,朝起きたら,背面に怪しい自転車を積んでいたせいか?自転車に興味があると思われる方に話しかけられ,ひとしきり山サイ及び怪しい自転車の説明をしたり,なんてハプニングもありつつ,K師匠との待ち合わせ場所に無事到着,お湯を沸かして出発です.

この山は,ルート取りを間違うと階段地獄になるため,K師匠ガイドによる極力階段のない絶妙のルート選択で進んで行きました.(山に階段つけるっていうのは,ホント辞めて欲しいと思う)

SANY0483.jpg     SANY0493.jpg
沢沿い登って         稜線に到着です

そんなわけで,そこそこ登ったんでしょうが,大して疲れもせず,稜線到着,ガスなので,素直に山頂に行って,避難小屋でお昼にすることになりました.

SANY0508.jpg     SANY0510.jpg
貸切の山頂         貸切の小屋

立派な小屋は,南面の窓からの光のおかげで外よりだいぶ暖かく,靴を脱いでマッタリ昼食休憩です.最後に軽く掃き掃除をしたら,いよいよ下り.

SANY0526.jpg     SANY0536.jpg
降りたら天気回復です     途中林道を挟み更に下降

レベル的には初中級と師匠が言うように,乗車率はほぼ100%,雨の日がちょうどいいというのがよく分かります.なので,ムダに左右にバイクを振り回して楽しみつつ練習しつつの下りです.それでも,所々は気合の入るセクションがあって,結局は山サイは楽しいのです.

そんなこんなで山から降りて解散,帰り道は,ちょっと寄り道をしたりして,帰宅は暗くなってから,メインカーを車検にしばらく出すので,夜な夜な積みっぱなしの道具を積み替えて,とやってたら,また夜中になって・・・悪循環は続くのです.



copyright © うしログ-山テレと山サイの日々- all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。