山テレ(山岳テレマークスキー)と山サイ(山岳サイクリング)を愛する"うし君"の備忘録です
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
今週はK師匠にお誘いいただいたので,一緒に山サイに行くことに.天気はイマイチそうだから,普段人が多い所に敢えて行ってみる作戦で,小菅-大菩薩峠-石丸峠ー牛ノ寝-小菅,の周回ルート.不毛な舗装路をカットするため,僕の車を役場に置いてKさんの車で登山口へ.白糸の滝の駐車場より先は土砂崩れで通行止め,というわけで,駐車場をスタート,8時くらいだったかな.すると,すぐ,迂回路が出てくる.一度下って対岸に渡ってまた登って,と,びみょーなアップダウンでびみょーにタイムロスしたりしつつ,また林道に戻って,日向沢橋の所から登山道へ.かなり立派な迂回路だったので,林道の方は,当分直さないんじゃないかなぁって感じでした.(対岸からみても派手に崩れていたし,突破は危ないでしょうね)

SANY0376.jpg     SANY0378.jpg
スタート写真         迂回路です

標高を上げるに連れて雨は強くなり,フルコンバで雨具の上だけを着る.ちょっと蒸し暑いが仕方ない.Kさんと久々,積もる話をしながら登っていたので,あまり疲れることもなく気がついたら大菩薩峠11時くらい.写真を撮ったりして,そのまま石丸峠へ行ってしまってもと思ったが,屋根がないと昼飯が落ち着いて食べられないから,早昼に.天気がよければ人ゴミなんでしょうが,雨のおかげで,人も少なく快適です.

SANY0381.jpg     SANY0383.jpg
ここから入ります        霧雨の中K師匠

早昼ののち,石丸峠へ移動し,峠12時.写真だけ撮ったら牛ノ寝通りへ.どんな道だったのか,二人ともあまり覚えておらず,面白いかなぁ??なんて言いながらのスタートでした.

SANY0391.jpg     SANY0395.jpg
石丸峠にて       ジャックナイフターン

で,出だしから拍子抜けするほど快適(=簡単)な道.K師匠,これじゃあ,不完全燃焼では?と思っていると,バンク状を上手く使ってジャックナイフターンしまくっておられました.自分もたまにジャックナイフしつつ,それでもあまりに尾根が長いので,後半はサドルに座ってサボって下ったり.

スズタケの分岐が小菅への下降路.こちらもなんつーか,単調な道.雨なので,グリップがシビアだから面白い,といったところかな.初心者にはいいのでしょうが・・・.ムービーでも撮ろうかと防水ザクティもっていったのに,撮って面白そうなとこがなかったりして・・・.でも,舗装路にすぐでても残念なので,結局,川久保まで山道で.

最後は,ガレ基調で多少タイトターンが出てきたりもしましたが,想像していたのとは違う感じ.雨水で土が流れて,ガレが粘土質の上にのってるような路面でした.最後,Kさんガレにやられてリム打ちパンクというハプニングもありましたが,それ以外は特に何てこともなく,14:15くらいに下山.大ダワで軽く休んでも,石丸峠から2時間くらい,自転車だからこその機動力ですね.

というわけで,久々の牛ノ寝,サス付きでかっ飛ばす向きにはいいんでしょうが,我々的にはやたらと長い,という感想でした.でもあえて広い尾根の中でラインを左右にふれば楽しめるし,6時間くらいは山の中に居ることができるので,まずまずでしょう.単調な所は話をしていたので,サイクリング気分でした.累積upはよくわかりませんが,1300mくらいかなぁ?家でうしの寝,してるよりは全然よかった,下山後の温泉が最高でした.
スポンサーサイト
page top
夏休み後半は沼沢湖 
涼しい所で,なるべく天気がよさそうなとこ,ってことで,例によって天気図とメッシュ予報にらめっこで沼沢湖へ出動でした.

DSC_1029.jpg     DSC_1032.jpg

カルデラ湖ってこともあるのか,絶壁でそのまま水深がおちていました.僕が漕いでた時間帯は水面に人は誰もおらず,っていうか,パドラーにも動力船にも遭遇せず,静かでよかったなぁ.

DSC_1062.jpg     DSC_1081.jpg

朝方にちらっと降られたけれど,それ以外はまずまずの天気.空いててキャンプも快適,キャンプ場の雰囲気もいい,受付のおにーさんの素朴な感じが,ふくしまって感じでよかったです.夜も朝も昼も焚き火をして,大満足で帰路に,渋滞も関係なく高速巡航すればあっという間に戻ってきて夏休み終わり.明日からはまた仕事,と同時に,実は,カヤックを陸にあげたらトラブル発生したので,仕事後に,また修理修復もやらねばならぬになってしまいました.自転車いじり終わったと思って車をいじりはじめて,それが一段落と思ったら,今度はカヤック修理,と,遊び道具のメンテの時間も馬鹿にならん,けど,楽しいからいっか.
page top
お盆休みです 
休みの前半は,山の上で涼しく過ごすのです.

力仕事をしたり,空を眺めたり.渓流についていってみたり,その合間に,山サイをしてみたり.自然の中で,自分の力と五感を使って過ごす,余計なことは考えない.ネットはちょっとだけ,テレビはほとんど見なかった,ケータイは,電波弱く電池もったいないから,基本的にOff.そういう若干レトロな感じの,情報に縛られないのんびりとした時間はとても貴重で楽しく,だからこそあっという間に過ぎていってしまいます.

PCやらケータイやらのスクリーンを目で追うくらいなら,刻々と変わる目の前の空模様を眺めていたほうがよっぽどおもしろい,そういう境地?です(と,下界の熱帯夜の暇つぶしにPCで書いてるわけですね)


DSC_0880.jpg     DSC_0890.jpg
朧月ですね          遊び心が大事

SANY0361.jpg     DSC_0985.jpg
初岩魚釣り          ガマズミの実


で,今日,一旦下界に降りてきましたが,暑くてやってられないので,別の道具と車で北の方に逃げて後半戦の予定です.週の後半はちょっと涼しくなりそうだから,焚き火がちょうどいいくらいの気温になるといいなぁ.
page top
ってことで,仲間とカヤックキャンプに行こうということになったので,久々の水遊び.海もいいけど,夏に暑いとこにはあまり行きたくなかったりするので,今回は湖で.

     DSC_0732.jpg

水遊びには焚き火はセット?薪を燃やし尽くすまで,夜な夜なしつこく粘ります.薪が尽きる頃,雨が降りだしたので,ちょうどきりよく終了.

DSC_0755.jpg     DSC_0772.jpg



で,翌日もまた晴れた.朝の鏡面のような水面を滑っていくカヤック,これはこれで,かなり贅沢な気分です.

SANY0287.jpg     SANY0290.jpg

で,その後,風が出てきたので,BCに戻って火を起こしてピザを焼いて軽い朝食.あとは色々と漕いだり潜ったり泳いだり思い思いに過ごします.水中の透明度も高く,魚を眺めて水中を漂ってみるのもまた楽し.



ただ,水温が低いので,自分のような痩せ型人間は,ウェットを着ないと寒くて耐えられず(脂肪スーツがあると平気そうでしたが^^)冷えたら陸orカヤックに上がって,温まったらまた入って,そんなんしているうちに夕立がやってきて,結局雨が上がる夕方まで岸でゆっくりし,撤収&ロングドライブで帰ってきたのでした.



copyright © うしログ-山テレと山サイの日々- all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。