山テレ(山岳テレマークスキー)と山サイ(山岳サイクリング)を愛する"うし君"の備忘録です
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
土日とも,どう天気図を見ても雨確定,って感じだったので,福島方面に様子を見に行ってきました.なので,完全に雑記で,本HPの趣旨とは外れますが,あえて長く書きます.

空間線量を見ていると,放射性ヨウ素の影響はほぼなくなり下げ止まってしまい,あとは放射性セシウムとかがメインと思われるので,これ以上の大幅な自然減はないだろうということで,線量を測りながら移動してきました.尚,線量計は,一応,今年の5月に校正されています,ただセンサ面積の問題もあるので,ここでの値が精密な電離箱式みたいなサーベイメータの値と同じかどうかはわかりません.

センサはシンチレーション方式,エネルギ補償もして線量を出しているので,cpmから換算しているGM管よりは意味がある値じゃないかと,考えています(が,当方は,物理屋ではないので,工学屋がざっと考えた程度のレベルのお話で,です)



家の中が一番心配だったわけですが,一階でおおよそ0.3μSv/h,二階は高くなって0.5μSv/h,もちろん,どちらの階も徹底的に水拭き掃除等はしていての結果です.尚,庭の線量は2.93μSv/hと非常に高く,これは屋外は相当にヤバいという感じでした.車で走っていても,郡山~二本松~福島は,大体1.0μSv/hという線量でした.

これ以上の自然減は望めないから,あとは,除染するか集団避難するしか方法はありません.空間線量の推定積算値だけで,3/11以降は,おおよそ15~25mSv/yearになるハズです,さらに,内部被曝分と考えたら,トータルでは,恐ろしいくらいの被曝線量になります.3月中は,空間線量で福島市等は20μSv/hを超えていたという状況を考えると,本当にとんでもない事態になっていて,それが未だ継続しているのが現実です.

それでも,未だ「ただちに健康に影響はない」などと嘯いて,何ら具体策が講じられていないのは,福島の人たちを見殺しにする,ということに他なりません.対策を取ると金がかかるから,手間がかかるから,パニックになるから,は理由になりません.教授,とか肩書きがつくテレビに出てる人は,本当に問題ない,と思うなら,福島の地面の上にテントでも張って,一年間住んでみればいいのです,そんなことは絶対にできないでしょう(ま,お迎えが近い人は平気かもしれませんが)

とにかく客観的事実に基づいて,最善の策を取る努力をしなければならないのです,この状態を放置しているのは,人体実験,犯罪だといっても過言ではないです.特に,子供の影響が相当に心配されます,10~20年後,誰が責任を取るのか?(政治家や官僚は,その頃には別のポジションにいるからor死んでるから関係ないや,程度のことしか考えていないんでしょうね・・・),未来ある人達の発がん"確率"を上げ続けているこの事態は,本当に深刻です.

とりあえず,自分にできることは,というと,・・・なのですが,測ってきた結果はyoutubeにアップしました.メルトダウンがどうとか,注水中断がどうとか,言ってる場合ではなくて,何の関係もない人たちが被曝し続けている,このことを絶対に忘れてはならないし,早く何とか除染をしなければ,なのだと考えています.


スポンサーサイト
page top
土曜日は白馬鑓へ 
週末は,土曜日が何とかなりそうな天気だったので,予定が合ったHさんと白馬鑓へ行ってきました.

朝からずーっとガスか稜線にかかり続けており,風も結構あって,どーかなぁとイマイチのテンションで登高.山頂余裕のペースだったんですが,ガスで断念して,2550mで折り返し.鑓温泉まで降りてきてみたら・・・えー,何か晴れてるよ・・・.

ってことで,タイムは↓の通り.

猿倉6:20-小日向コル8:00-鑓温泉9:40-稜線下2550m 11:10,様子見後,ガスが切れないので

折り返し11:30-鑓温泉12:00-入浴後13:00-小日向コル14:00-猿倉15:00

累積はざっと1700mアップ程度でした.山頂いってれば2000m累積だったのに残念?
でも,登山とテレマークと温泉が楽しめて,満足の山旅.ポイントで傘マークがついてた15時前には,ちゃんと車に帰還していたし.そんなわけで,様子は↓な感じです.まぁまぁデコボコな雪面で,ソールも小石等による傷が若干入ってました.この時期はしょうがないっすね.



雪解けはだいぶ進み,白馬方面も下部は快適じゃあないですね.あとは富士山あたり滑って今シーズンのスキーはシメかなぁ,なんて思っています.今度の週末の天気はどうかなぁ??
page top
久々に山サイネタで 
土曜は,富士山にテレマーク出動しようと思っていたのですが,金曜夜にヤボ用があって帰りが遅くなり,さらに,天気図を見ると西風吹きそう,ポイントで,風が25mくらいの予想とあって山頂に着くのは厳しそう,と判断で,やめちゃいました.

で,いつもお世話になっている某山小屋で,年に一度の一大イベントがあったので,山サイ&お手伝い?の週末となりました.

で,遊びでムービーとってたので,アップしてみました.K師匠(と勝手に呼ばせていただいています)に教えてもらったテールホップターンっぽい様子です.(未熟者なので,足は着いていません&路面をズリッとはやっていませんが,回転角が少なくイマイチヘタです)





スキーは,大斜面にシュプールを残すのは1つの醍醐味ですが,山サイでは,極力タイヤ痕を残すべきではないし,まして,ズリーっと,美しくないタイヤのスライド痕は山道に残すべきじゃない,というのが,自分の勝手な論です.リアブレーキロックで回すってのは,言ってしまえば誰にでもできる安易な方法で,自分的にはナイなと思うわけです.そんな跡を残すくらいなら,潔く,押すor担ぎ降ろす,くらいの判断をしたいなと思っています.

山サイとは,自分的には,少なくともいわゆるダウンヒラーとかマウンテンバイク的なものとは全く違う,と思っていて,如何に早くスマートに動くか,ということなんじゃないかなぁと思うわけです.スマートに,というのは,足を付かずにターンする,タイヤ痕を残さない,あくまでヤマヤとして,自然の中で行動する,ということで,この点,多分,K師匠とは同じ考え方で,こうすればいい,と,目からウロコのお手本を見せてもらって以来,未だ下手くそながらも,ポンポンとリアを浮かせてターンしてたりするのでした.
page top
昨日,鳥海から帰って来ました.

データ整理は9日(休みなので)にでもやろうかという感じなので,ひとまず,記録だけ.

5/2:休憩は吾妻PAの一回のみで,ひたすら運転して移動.

今回も,ベースキャンプ定着して滑る方向.

5/3:大平-扇子森-千蛇谷-新山-扇子森-鳥海湖-大平:累積アップ1680m

七五三掛トラバースが怪しかったので,扇子森の裏手から千蛇谷に滑り込んだ.下から観察したところ,七五三掛の怪しげなミックス帯を抜けるよりもスキーで滑れてシールで登れるラインがあったので,選択としてはアリだったと思う.

この日の千蛇谷ファーストトラック.尚,帰り,扇子森の北面で熊を目撃&撮影.春の鳥海では2回目かな.結局鳥海湖にも滑りこんで,累積アップを増やすことに成功?

5/4:天気悪く風強しのため,ベースキャンプでダラダラ.

料理やらBBQやら焚き火やらをやりたいからキャンプしているわけで,これはこれで満足度高い一日.

5/5:大平ー笙ヶ岳稜線ー稜線界隈で2本-大平:累積アップ950m

朝の天気がイマイチだったので,遅出で笙ヶ岳の辺りで遊ぶ.いいラインがいっぱい.人が少なく,らくがきし放題.

5/6:大平-扇子森-文殊岳-西面(鍋森に向かう方向)-鳥海湖2本-大平:累積アップ1660m

登り返しが必要だが,外輪山から,西方面の斜面も,いいラインが何本か取れる.当初は仲間が車を回送するから,湯の台への縦走にしたらと言ってくれたが,去年,そのパターンをやったばかりなので,別パターンの西斜面のラインに決定した.今回は,文殊岳から鍋森に向かって滑るラインを取ってみた.らくがきに満足したけど,鳥海湖も,まだラインが残っていたので,ついでにらくがき.

5/7:ベースキャンプ撤収後,西川の道の駅で一回休憩した以外ノンストップで運転して帰宅.道中は,仲間の車と無線で話をしていたので,気分転換になりました.

5/8:ホームの某山域某小屋付近にて山サイ:累積アップ600m

また早起きして高速飛ばし,いつものコースで久々の山サイ.久々だったけど,登りのタイムはいつもより早かった.


DSC_9499.jpg     DSC_9508.jpg
例の黒いヤーツ       ベースキャンプ

DSC_9562.jpg     Line_DSC_9670.jpg
笙ヶ岳のライン引き     延々と続く僕のらくがき


滑りについては,またあとで更新すると思います.
page top
4月のラストは越後駒へ 
連休に入り,Hさんと昨日は予定があったので,越後駒を日帰りしてきました.

ホントは,白馬鑓の周回を考えていたのですが,雪質的に,マズい予感がしての転戦でした.(大雪渓で大規模雪崩があったので,もし行っていたら・・・と思うと,天候&雪質予測の大切さをあらためて実感しています)

午前中は晴れていたのですが,前線通過の影響で天気崩れ,駒の小屋のちょいと上で,飛ばされそうなくらいの風.雨まで降ってきて,これはマズいな,という感じだったので,余裕はあったけれども,潔く撤退してきました.

あと1時間早く出ていれば違ったかなぁ?でも,家を出たのは朝の3時半くらいだったんですけどね.前泊しろってことですかね.雪質的には,まずまずのザラメが続き,あっという間に道行山まで戻り,あとは,尾根を絡めつつ柳沢に降りて終了.石抱橋までの平坦歩きが,上り下りともにやたら長く感じる,そんな山行でした.なんつーか,耐久レース系のコースですね.小さなアップダウンもあるから,テレマーク向けでしょう.

こんな感じ↓でした.(赤系シェル:Hさん,黄系シェル:うし)



前線の通過にバッティングしちゃってちょっと失敗の天気でした,帰り,シルバーラインの途中から眩しいくらいの太陽が降り注いていました・・・あれれと,まぁ,こんなこともありますわな.

連休後半の天気は,やっと持ち直しそうなので,明日の夜にでも,東北方面へ出撃しようかと思っています.春らしい青空と新緑のもと,楽しいテレマークスキーができたらいいなと思っています.



copyright © うしログ-山テレと山サイの日々- all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。