山テレ(山岳テレマークスキー)と山サイ(山岳サイクリング)を愛する"うし君"の備忘録です
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
昨日は降るか降らないか,びみょーな線だなぁというわけで,晴れじゃなきゃいいであろう二岐山へ出動しました.白河中央で降りて大信村の中を抜けていくと,気温-7℃の表示です.さらに鳳坂峠を越えたら本降りの雪で,こりゃ,二岐山は大当たりだな,と,早くも着く前からワクワクです.

そんなわけで,雪降る中,スタート.他に誰も居ません,トレースもありません,完全貸切,スバラシイ!!取り付いて尾根に上がると,ときどき雪の止み間も出てきて,青空ものぞきます.あんまり陽が出ちゃうと雪質悪化するので,そこまでは晴れて欲しくはなかったりします.

     02_DSC_8112.jpg


所々藪がウルサイ所もありますが,ラインを選べば特に登高も下降も問題ないでしょう.結局ずーっと靴~脛ラッセルでした.雪は朝よりむしろ強くなり,とてもいい感じに.早速美味しいブナパウダーを頂きます!

03_DSC_8127.jpg     04_Futamata.jpg

ブナの大木の所の下まで降りて,軽く昼ごはん.コレでは物足りないから,登り返して,1本目とは違うラインで楽しみます.貸切なので,ラインの可能性は無限,変化のある地形と藪に気をつけながら,自分の頭で考えて滑る,山スキーの醍醐味です.で,あと,もう一箇所美味しいところが,というわけで,自分だけ登り返し覚悟で北面の沢のラインにちょっと滑りこんで,登り返し.

05_SANY1344.jpg     06_DSC_8138.jpg

まぁ,そこそこ登った&滑った気分になれたので,ラストステージへ.ここも終始パウダーで超楽しい感じ.斜度が落ちたら,あとは切り開き状を辿ってドンピシャ,林道カーブミラーに出れば,駐車スペースまではすぐです.やはり二岐山は厳冬期の雪の時に限りますな~.小粒ながらも静かで良いルートです.

そして,また週間予報を眺めると・・・,今週も寒気が居座り続けるパターンで,多分,次の週末も冬型ベースのいい感じ,パウダー狙いでしばらく行けそうですね.
スポンサーサイト
page top
先週末は大荒れか?という予報でしたが,選んだ山域がよかったのか,2日とも視界良好の激パウダーでした.

土曜は西大巓へ.Uさんと合流し,さらに知り合いのお二人ともベースで会ったので,数人でわいわいとスタート.で,雪もいいし天気もいいので,スーパーファットの自分はガシガシラッセルして山頂まで.一応,ピットを掘ってみると相当な新雪の量,しかもいい感じに安定しています.ってことで,Uさんと一緒にまずは一本!素晴らしいパウダーです.これぞ西大巓.

     02_DSC_8034.jpg

ってことで,東斜面はボトムまで4本滑って,南西尾根は雪が深すぎて走らないってことで,変則ショートカットコースで,戻ってきて解散,となりました.

03_SANY1279.jpg     04_DSC_8042.jpg

天気図で読んでいたとおり,朝が雪で昼過ぎから晴れてきて,結局夕方まで天気は持ったのでした.



で,翌日は,冬型が強まるので,吾妻の東面で遊ぶことに.当初は,高山に行くつもりが,欲張って男沼ギリギリまで入ろうとしたら,ラストの除雪してない林道で亀の子になってしまいスタック・・・.えっちらおっちら掘り出してると,たまたま登ってきたワカサギ釣りのアウトランダーの親切な方に引っ張ってもらって,やれやれでした.アウトランダーの方,ありがとうございました!でも,アウトランダーの方も結局スタックして登れずに転戦となり,僕らももういいやという気分になって転戦することに.

そんなわけで,高湯に移動し,昼から旧あづまスキー場へ.子供の頃のホームコースも,いまや潰れて久しいですが,それでも,こんな荒れ予報の日には,メローなパウダー斜面が続き,かえってよかったりもするのです.

05_DSC_8056.jpg     06_DSC_8076.jpg

スカイラインのゲートの先から取り付くと,路肩にはカモシカの子供がこっちをじーっと見てました!天気も雪雲がかかれば雪は降るけれど,そんな吹雪というほどでもなく,東面は大丈夫な感じです.

07_MVI_2255.jpg     08_DSC_8091.jpg

トップまで登って,パウダーを楽しみつつ下ってくれば,雪もやんで下界も良く見えます.ただ,晴れは一時的だったようで,高湯で風呂に入っていたらだいぶ雪が強まり,帰りの高速は関東入る手前までずっと雪でした.

そして今週もまたずっと冬型ベースで天気は推移しそう,ってことは週末もまたパウダーにありつけそう.週間予報みていても,しばらくは寒気が残りそうだし,スバラシイですね!
page top
この土日は頸城・白馬方面へ出動しました.

土曜は大渚山へ.超タイトなつづらの急坂を登りつめて大草連の集落に車を置かせてもらいます.予想通り天気はよいみたい.取り付きに行くと先行パーティの立派なトレースです.ありがたく使わせてもらって後を追います.

     02_DSC_7875.jpg

途中で先行パーティーに追いついて,ラッセルを交代です.足をだいぶ温存していたので,ガシガシラッセルで登ってそのまま山頂へゴール.頸城・妙高・そして北アルプスがバッチリ.山はいいです.

03_DSC_7888.jpg     04_DSC_7900.jpg

そして,ハイライトの北面で粉を頂きます!いやぁ,いい粉でした.帰りの南面は日射で雪が腐りかけ,薄皮モナカでしたが,まぁ,仕方ないでしょう.個人的には,北面は一段目が一番美味しいので,そこだけで何本か遊んだ方が面白いかもと思ったのです.

05_Northface01.jpg     06_Northface02.jpg


日曜は,小日向山へ.宿の朝御飯がゆっくり目だったこともあり,スタートは9時前.山頂には届かないかなといった時間になっちゃいました.でも,まぁ,行けるとこまで,ということで,南面から入ることにして,黙々と長い林道を取り付きまで歩きます.八方を滑ったものと思われるトレースが林道にはあったけど,取り付き手前からは完全にラッセルとなりました.

で,取り付き.ここが一番難儀,というか,核心かもという感じです.ラッセルでグイグイと強引に登り上げます.ぬおぉっという感じでシールが効くギリギリの斜度を登り上げます.トレースもなく,膝ラッセルで,その下はクラスト層という条件のため,沢状を詰めるのも微妙で,支尾根を絡めていきます.

01_SANY0666.jpg     02_P1170582.jpg

何とか一段目を切り抜けて尾根に上がってからは楽にはなりましたが,延々と膝ラッセルです.取り付きで後続が来ていたのだけど全然追いついてこないので,ただもう黙々とラッセルするのみ.取り付きで仲間が一人シール不調で降りちゃったので,あんまり時間を引っ張るのもなぁということで,せいぜい昼過ぎがリミット,1600mの台地くらいまでは行きたいという感じです.

03_SANY0671.jpg     04_Powder.jpg

で,台地に着いてHさんと相談していると,風雪も強まり視界も悪くなってきたので,今日はここまで,として,パウダーを味わうことに決定.シール剥がして昼飯補給して,下の仲間に無線を入れて,さーて下ろうか,というときに後続が追いついてきました.話してみたら,山で会ったことのある方たち,彼らは,まだもうちょっと粘るといった進みましたが果たしてどういうコンディションだったのかなぁ?

登ってきた疎林には,今日のこの天気でかなりの粉が溜まっています.延々と膝ラッセルしたご褒美はそれ以上!

05_Powder.jpg     06_Powder.jpg

素晴らしくちょうどいい樹間に軽い粉が溜まっています.オーバーヘッドのパウダーランです.これはたまらん!アドレナリン垂れ流しで粉雪浴びまくりです.Driftも本当に浮いてくれてよく走って楽しいったらありゃしない.

07_Powder.jpg     08_DSC_7952.jpg

結果良ければすべてよし,林道に出るまで,延々と貸切パウダーを味わったので,十二分に満足の山行となりました.吹雪の日には,南面でも十分OKです.あと1時間あれば北面から猿倉に抜けられたでしょうが,まぁしょうがないということで.吹雪かれてかなり冷えたので,車に乗り込んだらさっさと温泉へと向かうのでした.
page top
正月休みの帰省ついでに,西大巓へ.Wさんを駅でピックアップしてグランデコが9時くらい.正月休みとはいえ,後半なので結構空いていました.10時15分,第三トップからスタート,トレースから見ると,まだ1人2人くらいしか入っていないっぽい感じ.朝一とすると1時間差だから,追いつくのは厳しいかといった感じでした.

     02_DSC_7774.jpg

山頂11時20分くらい,楽勝の登りでした.と,ガスの向こうに見覚えのある姿が,やはりN山岳会のUさんでした.駐車場でどこかで見たことある車があるなぁ,多分そうかなぁと思っていたのですが,やっぱりでした.というわけで,3人で東斜面であそびます.ガスが濃く1本目はホワイトアウト気味で.思ったよりは雪はしまっていたけど,吹き溜まりはそこそこパウダーです.

03_DSC_7786.jpg     04_daitentele1.jpg

ボトムで補給していると晴れてきたので登り返して2本目,さらに,自分だけ欲張って3本目を行って山頂に戻るとまた真っ白です.

05_DSC_7789.jpg     06_DSC_7790.jpg

それでも,あとはツリーランなので,GPSを頼りにモンスターの間を縫って,歓喜のパウダーラン.さすが樹林帯はパッフパフの軽い粉でスキーがどんどん走ります.

07_daitentele2.jpg     08_daitentele3.jpg

一部ゲレンデを滑ったけど,ほぼ山を滑って,結局夕方まで粉を堪能した楽しい初パウダーでした.やっぱり西大巓はいいです.東斜面は,我々が多分1番手,その後ボードの2人組が滑り込んでいました.他に見たのはラッセルしてくれた単独の方とスノーシューの2人組,あまり入山者はおらず静かでよかったです.
page top
年越し藪スキー 
新年あけましておめでとうございます,今年もよろしくお願いいたします.

というわけで,年越しは,例年通り,大変お世話になっている某小屋にて.夜はだいぶ冷え込んで素晴らしい星空でした.

     SANY0626.jpg

で,雪が結構あったので,自転車じゃなくてテレ板で.当然藪スキーでしたが,思ったよりは滑られました.

ソール傷だらけのどうなってもいいショートテレ板だったので,ガリっと地雷を踏んでも気にせず滑ってきたのでした.もうちょい降ると,意外とそれなりに楽しく滑れるかも?



copyright © うしログ-山テレと山サイの日々- all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。