山テレ(山岳テレマークスキー)と山サイ(山岳サイクリング)を愛する"うし君"の備忘録です
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
師走の里山サイ 
冬晴れの一日の昨日は,同僚と近場の里山で山サイしてうろうろと.

     SANY0536.jpg
近場もいいもんだ          里も冬枯れです

廃道と噂の林道を登ってみたらあまりにフツーすぎて,あれれ?となりましたが,山頂で雪雲かかる北の山を眺め,お湯を沸かしてラーメン食べれば満足な気分.そして,笹薮の中,テクニカルなルートで下降です.後輪を浮かして行かないとクリアできない所も多数,でも路面がドライすぎてグリップが悪く,いつもより難しいコンディションでした.でも,より繊細なフロントブレーキのコントロールが必要なので,とても楽しかったです.

SANY0542.jpg     SANY0551.jpg
眺めもいいっすねー       笹薮+ロックの下り

そして,明日から某山小屋でみんなで年越し.今晩からまた雪が降りそうだから,テレ板を持っていくか敢えて自転車をもっていくか,悩ましいところです.
スポンサーサイト
page top
どか雪が来た後,ちょっとだけ回復傾向の天気予報を見て大橋にでも行ってみるかと,Hさんと日曜に大橋界隈へ行ってきました.

夕方待ち合わせし夜移動し大橋へ.夜の時点では大橋付近の路面もパウダーでありました.で,おそらくは土曜入ったと思われるトレースが1本,まぁ何とかなるかねぇというわけで,あとは,地形図みながら宴会しながら,翌日のプランを練って,大橋から佐渡山に登って北東面を下って外輪に登り返して黒姫の稜線に上がってもどってこようかということになりました.

で,蓋をあけてみての翌日.朝,7時半すぎに大橋に到着すると,車は一台だけで,ちょうど出発準備中という感じ,立ち話をして我々も後から追うことにします(MLに入っている長野のKさんでした).で,8時15分くらいに出発しました.

     02_DSC_7681.jpg
朝はマズマズだった     長野のKさんと立ち話

林道分岐で先行のKさんに追いついて3人で立ち話.Kさんは黒姫方面へ,我々は佐渡山方面へということになりました.分岐からちょっと先で前日のトレースはUターンしていました.というわけで,あとはラッセルラッセル.

03_DSC_7685.jpg     04_P1170452.jpg
強引にシールのまま     難儀のラッセルで

取り付き付近に来ると・・・あー,ヤブヤブ.これじゃあ帰るよねふつー,という状況です.どーしましょ,とHさんと話をしますが,まぁ,時間も早いしねぇ,と,行くしかないでしょう的な感じとなり,ダメと分かっていても藪へつっこむのです(そういうラッセル嫌いじゃないですしね・・・)

あとは,ズボズボのラッセル,軽い雪に加え,ベースの笹やら枝やらも沈み込むのでかなり難儀です.樹の枝つかまってグイグイと,気合のラッセルラッセル.佐渡山ごときで,と言ってはなんですが,予想外に苦戦しました.

05_DSC_7687.jpg     06_DSC_7704.jpg
尾根から後ろを見て     山頂稜線もこの光景

しかも,高度を上げても藪が埋まる気配はなく,コルをすぎて稜線に上がっても,ヤブです,ていうかヤブしかないです.結果的に,佐渡山の山頂まで延々と藪でございました.もう笑うしかないです.そんなわけで山頂に11時半.少しでも美味しいとこがありそうならば,下ってもう一本登り返してとなるところですが,当初予定の北東面もダメな感じ.天気も回復どころか逆に吹雪いてきて,これじゃあ黒姫の稜線もヤブヤブだろう,というわけで,ピストンでもどることに.

稜線はほぼトレース伝いで,そこからは,笹をなぎ倒しながら直線的なライン取りで下ります.稜線~佐渡山コルのちょっと下までは,少しは滑りが楽しめた気がしなくもないです.雪が軽いのに救われた?かな??あまりに密な笹にはスキーを取られてタイムロスもありつつ.さっさと降りて渋滞前に帰っちゃおうって気分で写真すらまともに取らずでした.

07_DSC_7705.jpg     08_DSC_7708.jpg
ピークは踏みましたよ     戸隠大橋の工事現場

大橋に戻れば,黒姫に行ったKさんと新潟の2人組の方も居て,お互い駄目だったねぇ~と,藪スキー談義で盛り上がり,なんだかほんわかした気分になったのです.毎回こんなんじゃちょっとなぁですが,たまには笹スキーもアリでしょう.ドMにピッタリのこの時期のサド山でした.

尚,大橋では堰堤工事で駐車スペースがだいぶ狭くなっております.工期は年度末までと書いてありました.ハイシーズンの週末ならば,早い時間じゃないと駐車場所に工夫が必要そうですね.面倒だけど,車一台にまとめていくとかいう作戦もありかもです.
page top
月山姥ヶ岳パウダー 
雪が少ない今シーズン,さてどこに行こうかとレーダーで降りを眺めていると,山形以北がいい降りしてる!

というわけで,月山行くしかないでしょうと,Hさんとの最強?コンビで行ってきました.

土曜の夜まで雪が降っていての,日曜の朝からの快晴,パウダーのビッグバーンを楽しく楽しく味わいました.姥ヶ岳の周りで登り返しを3本して累計1500mアップ,とっても満足の滑りと登りでした.地元を中心に東北の濃い方々にも会うことができました,お話したみなさま,ありがとうございました.

南東北なら,月山界隈が一番の雪でしょう.リフトとかがないのもいいです.やっぱり自分の足で登ってなんぼ滑ってなんぼの世界です.ネイチャーセンターまで除雪されていたので駐車も楽だったし,電柱下,を利用してカットカットで姥ヶ沢まで効率よく登れたしで,ベストタイミングでした.往復800kmの価値がありました.

今度も週末に寒気でだいぶ降るだろうから,いろいろと選択肢が出てきますね.さて,どこを登って滑ろうかな.


DSC_7603.jpg  powder.jpg  small_DSC_7664.jpg
この景色,無尽蔵の粉  ボウルは3本滑りました  今年も粉中毒コンビで
page top
あんまり十分な雪がなさそうな気配なので(北アくんだりまで遠征してもよかったんだけど,外すとガッカリだしなぁと)いつものエリアでトレーニングの山サイ.霜柱の影響で,急にグリップしない路面が出てきたりと別の意味でテクニカルでした.いつものターン練習場所も結構フロントから流れありゃりゃりゃりゃと.

     DSC_7076.jpg

でも,まぁ,土日ともソコソコの標高でソコソコの運動をしたので満足でした.

それと,先週,pivotの後付クルコン(3-drive AC)を取り付けたので,その実走テストも目的の1つでした.MTだからなぁと思ってたけども,MTでもOK&安かった,ので購入.内装を剥がして,BPのサービスマニュアル見ながら配線拾って3時間くらい?クラッチ周りのコネクタに到達するまでが何気に入り組んでいてムダに時間がかかったのでした.(写真とってないんだけれどBP5のMT車の方向けに一応書いておくと,クラッチスイッチはブルーのコネクタで,ステアリングコラムの左脇のやつ,クラッチペダルの根本の白いコネクタもクラッチスイッチなんだけど,クラッチアダプタと形状があわないのです,というトラップがあります)

燃費は自分で踏んでる方が若干いいっぽい(下りの惰行の違いかな)です.オンオフ的にガバっとだけ開けてるような人には燃費面も意味あるのかもしれないけど,MTでそういう操作の人は基本的に少ないハズ,大体そんな踏み方じゃギクシャクしてまともに乗れませんもんねぇ・・・.

でも,高速だと楽です.数時間ぶっ続けの移動なんかだと足の疲労が格段に違います.この分だけで取り付けた甲斐があります.

尚,オマケのスロコンは自分的には不要.BPの電制スロットルの応答遅れを含め,身体が覚えてクラッチミートしているのと,そもそも普段が,開度15%以下でしか踏んでいないから,マップを変えたところで微小域には大差なく,これは要らないという感じでした.


そんなわけで,往復クルコンのテストで問題ナシ,足は楽,を確認できたので,満足の週末でした.これで,八甲田やら鳥海やら立山やらへの移動も,少しは楽になることでしょう.もう全て準備万端,あとは,雪です.今週の冬型に期待です.



copyright © うしログ-山テレと山サイの日々- all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。