山テレ(山岳テレマークスキー)と山サイ(山岳サイクリング)を愛する"うし君"の備忘録です
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
多忙な9月 
今月は,珍しく多忙でした.ようやく峠を超えて終わりが見えてきた感じ.

旗日は全部仕事だったけども,土日は休んでたので,山と湖と山と川へ.

忙しい時に限って,いろいろやりたくなって,金曜の夜に,自転車は,デッドストックの中から,アルミのストレートフォークへ交換(下玉の圧入から自分でやりました).

肩下が短めで,かつ,オフセットが小さいので,ヘッドアングルが立ち,若干ホイールベースも縮まって,より山下り向き,になった気がしてます.少なくとも,いつも足つき減点なタイトコーナーで,珍しく後輪をホップして回れました,やはり道具は大事.(多分,乗り手の腕はそんな変わっていないので・・・)

     SANY2285.jpg
乗れなくてもいい,んだけど,それを言い訳にしたくはない

ダウンリバーには,修理したWW艇を投入.飛沫を浴びて瀬に突っ込むのも,また楽しい.シーカヤックと比べるのもなんだけど,やっぱりよく曲がりよく回り流水では最高の動き,やはり道具は用途・コンディションにあったものがいい.それは,自転車でもカヤックでも,そしてスキーでも,何でも一緒ですね.

     ww.jpg 
トロ場を過ぎての瀬,これがexciting

道具には,使われる前提の条件と,設計した人の意図があって,なるべくそれに一番あう状況で使ってこそ真価を発揮する(当たり前なんだけど).単に見た目とかブランドとか流行とかブームとか,何事においても,そういうツマラナイことに基づく価値判断だけはしたくないもんです.まぁ,それを言い訳に,ドンドンと,道具が増えていってしまうわけですが・・・.

それはそうと,今週半ばからは,代休消化の旅へ.乗り物だけ確保であとはブラブラと寝袋担いで気ままに,サラリーマンにとっては超贅沢な,ノープランのバックバッキング.多分,山くらいには登ってくることでしょう.長い移動時間にでも,どこに行くか考えることにしやう.
スポンサーサイト



copyright © うしログ-山テレと山サイの日々- all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。