山テレ(山岳テレマークスキー)と山サイ(山岳サイクリング)を愛する"うし君"の備忘録です
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
夏は忙しい 
仕事も梅雨明け以降はいろいろと忙しいので,家でPCの前に居る時間はあまりない感じ.それでも,ちゃんと毎週末,自転車担いで山には登ってます.仕事で疲れた~なときも,行こうというモチベーションが沸かないことは幸いにして全くないんです.やはり,コンスタントに出かけて,何も考えず夢中になって,自然の中で汗を流す瞬間があることは,山サイにしろ山スキーにしろとっても大切で,それがあるから,いろんなことのメリハリがつけられる気がしています.

それはそうと,今週末は,進水式.テレマークや山サイの傍ら(そしてもちろん仕事の傍ら),時間を作ってコツコツと制作していたシーカヤックをやっと水に浮かべるときがきたのです.新艇でいきなり浸水は避けたいですが,でも,ハルはシッカリくっついてるし,キールラインもバウからスターンまでビシっと通ってるし?すーっと水を切り裂いて真っ直ぐ進むハズ.楽観主義者なので,大丈夫,と信じて,キャンプ&ツーリングしてくる予定.
(とかいいつつ,念のためにリバーカヤックも持っていくわけですが)

夏は水モノもいいもんです.
スポンサーサイト
page top
黒姫山で山サイ 
先々週,先週は奥秩父界,ホームグラウンドなので,上手く雨を避けての山サイでした.

で,昨日は,テレマークシーズンではないのだけれども,日本海側の天気がよさそうな予報だったので,黒姫に行ってみました.

登り:大橋7:48-取り付き8:08-しなのき9:00-山頂10:03
下り:山頂10:25-新道分岐11:38-古池12:13-大橋12:40

前夜の雨もあって,早朝発にしたので,出発は普通の時間,大橋から黒姫に上がり,帰りは古池を回るプランとします.朝から晴れ間もあり,出発するなり暑い.1200m弱の出発でこれなんだから,下界は恐ろしいことになってることでしょう.

     02_DSC_3981.jpg
朝から暑いです         青空はやはりいい

大橋林道を上がり,佐渡山コルの分岐を過ぎて登山道入り口,冬に比べればMTBで漕いで上がるのは楽で早いです.新道分岐までは結構乗れます.

03_DSC_3984.jpg     04_DSC_3999.jpg
やはりいい森ですね    ガスが晴れて来たか?

先行する登山者の方々と話をしつつ先に行かせてもらい登っていきます.雨上がりで,かなり滑りやすく,木の根や段差が結構あって気を使います.自転車担いで登っても下っても,ふつーの人にはオススメしないレベルのコンディションと感じました.

05_DSC_4001.jpg     06_DSC_4009.jpg
ゴゼンタチバナ         一応,山頂写真

やたら虫が多いので,休む気も失せ,ガスが上がり始めたくらいに下り始めます.高妻・乙妻方面,妙高方面,飯綱方面と近い山はそれなりに見えてきて,やはり山はいいもんだ,と思います.

07_DSC_4029.jpg     08_DSC_4032.jpg
高妻・乙妻方面           妙高方面も

山頂からしばらくはそこそこ乗れます.しらたま平からしなのきくらいまでは,濡れた木の根と岩,泥の路面で全然グリップしません.可能なところは乗っては見ますが,半分乗れたかどうかでしょう.まぁ,たまにはこんな山サイもトレーニングと思えばアリかな.もう少しグリップがあれば,何とかなるところもあるんでしょうがフロントから流れてしまうのでどうしようもない・・・.

09_DSC_4039.jpg     10_DSC_4043.jpg
新道分岐にて         古池のほとり

新道分岐から古池に回ると,こちらもかなりグチャグチャ.乗れなくはない,というか平らメインだけれど,路面にタイヤ痕を深く残すのは美しくないので,担いで森林浴です.普通にピストンにしたら,大橋に昼前にもどっていたことでしょう.

まぁ,それでも,昼すぎには大橋に戻ってきて,泥だらけの自転車と一緒に?パンツ一丁で沢にドボン.水はもの凄く冷たいけれど,陽射しがあるので心地良い感じ.一通り泥と汗を流してサッパリし,渋滞前に高速飛ばして帰ってきたのでした.



copyright © うしログ-山テレと山サイの日々- all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。