山テレ(山岳テレマークスキー)と山サイ(山岳サイクリング)を愛する"うし君"の備忘録です
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
きのーは,もしかしたら今シーズンのラストパウダーになるかも,ということで,有給消化を兼ねつつ?懲りないテレマーク仲間3人で,3時起き,守門方面へ.赤城からはチェーン規制,湯沢からは吹雪+轍走行となり,あまり飛ばせず,入広瀬まで結構時間がかかってしまいます.でも,平日だから遅めでもまぁ空いてるでしょうっていうことで.

路肩の雪をどけて車を置いていると,浅草に向かうという新潟ナンバーの山滑りの方と立ち話,今日のコンディションならムジナ沢もまずまずだったんでしょうねー.

そんなわけで,出発は9時過ぎ,陽が出てきてしまって,せっかくの新雪がおもーくなってきちゃいます.

01_DSC_1846.jpg     02_DSC_1866.jpg

林道に降りて,破間川の橋を渡って右岸に出たら林道歩き.林道末端で下黒姫沢の川原に降りて,右岸をしばらく進み,あとはスノーブリッジをつないで沢を詰めていきます.特に右岸の遙か頭上には巨大な雪庇が続いており,ところどころにデブリ.崩壊したらヤバイなぁという気分で,黙々と進んでいきます.それにしても日射が強烈で,雪は激重,シールワックス塗ってるのに下駄です.大戸沢岳の疲れも残っているのか?イマイチペースが上がりません.

03_DSC_1894.jpg     04_DSC_1911.jpg

750mくらいで左岸の尾根上に取り付き,時間は10:30くらいでした.尾根に乗ればブナのいい森,雪は相変わらずの激重で,脛ラッセルがキツイ,けど,気合を入れて?標高を稼ぎます.で,何とか稜線到着12:30,大した標高差じゃないのに,予想外に苦戦して時間がかかってしまいました.それだけ重い雪だったと思っていただければ.こんな雪ならスーパーファットにした方が楽だったかも.(あ,でも,下駄になった場合の重さも辛いか・・・)

05_P1160102.jpg     06_DSC_2015.jpg

稜線直下は,Hさんと自分は2本楽しんで,その後も,変化に飛んだ楽しい急斜面が所々,重い雪ではあるけれども,登りに思ったほどの激重な感じはそこまでなくて,ファットくらいの浮力でもいなす事は十分可能,重パウランも悪くないかも,ってところでした.

07_SANY0547.jpg     08_DSC_2056.jpg

天気も完全回復で,美味しいとこを欲張って登り返したこともあり,16時すぎに駐車地点,なんだかんだで,累積標高1250m程,日曜が1550mくらいだったから,両方合わせると2800mくらいにはなってるんですね.

路肩で片付けしていると,車で通った地元のテレマーカーの男性と楽しいスキー談義,シュプール見えるの?みたいなことから,車に積んであった双眼鏡を思い出して自分らのラインを鑑賞?してみたり,といった感じでした.

09_SANY1044-2.jpg     10_DSC_2117.jpg

双眼鏡写真を撮るのに時間使ったり,大白川の先で只見線とすれ違ったりで,高速乗ったのは夕方,それでも平日の関越は渋滞もなく,ストレスフリーで無事帰宅.おそらくは,今シーズンラストのパウダーランかなぁ,登りは激重雪に苦しめられたけれども,午後になって雪雲がかかるようになったのが良かったのか?思いの外,パウダーランが楽しめて,今年度のいい〆となった山滑りでした.
スポンサーサイト
page top
28日の大戸沢岳 
3月最後の週末は,桧枝岐の大戸沢岳へ仲間6人と行ってました.

快速?チームとまったりチームに別れて無線で連絡とりつつっていうスタイル,午後から崩れる予報でしたが,薄日がさすくらいの高曇りで終始天気がもってくれてまずまずの山行でした.

7:15くらいにスノーシェッド脇を出発,先行する単独の方がいるようです.取り付きは急登,ツボのトレースがデコボコしてシールだと登りにくい,ケド,可能な限りシールで登る派,の自分としては,ジグを切って登り上げます.

     02_DSC_1728.jpg

尾根に上がってしまえば効率のよい登り,三ッ岩山の大斜面も見えてきていい感じです.ブナの森はいいなぁ,なんて思いながら,黙々と高度を稼いでいきます.

03_DSC_1745.jpg     04_DSC_1759.jpg

先行する方に追いついてちょっと立ち話,その後,先頭交代し1500mのあたりから山頂までずっとラッセルの一人旅でした.頂上直下の斜面は,足首~脛のラッセル,ぐいっと登って10:30くらいに山頂台地到着,効率良く登った1200mアップ,一番乗りの山頂はやはり気分がいい.会津駒のピークは見えないけれど燧ヶ岳や三ッ岩がよく見えます.

05_DSC_1787.jpg     06_P1160027.jpg

Hさんの到着を待ち,2人でファーストトラックを頂きます!尾根上はパック雪で微妙なので,若干北東向きの沢状を,狙うと,重めながらもパウダー.予想外にいい感じ.そんなんでオープン斜面を一気に滑ったら,山頂まで登り返して,今度は山頂に着いた仲間と合流して快速チーム3人でもう1本.2本目は気温が上がってきたせいか,重たい雪質となってしまいました,が,ファットスキーの力を借りてのパウダーラン.

07_DSC_1809.jpg     08_P1160033.jpg

大斜面を下り終わり,東尾根1500mくらいのピークのところからは,トレース多数,どうやら途中で引き返した人らのものらしい.これらのトレースを避けて,尾根の北西面を滑ってはトラバース,を繰り返すことで,なかなか楽しいパウダーランをし,最後は消化試合.

09_P1160036.jpg     10_DSC_1833.jpg

取り付き部分は,雪が溶けてツリーホール拡大,地面も出つつあるような状況でした.でも,上はとっても楽しめて,登り返し含め1500m以上の累積標高を登った甲斐がありました.でも,そろそろ,今シーズンの賞味期限は切れるかなぁ.
page top
日曜の大荒れに期待して,日曜,月曜と連休出動でした.

日曜は,予想通りの大荒れだったので,裏磐梯の裏山でゴソゴソ雪遊び程度で切り上げ,宿で宴会.ビールのんで翌日に英気を養います.

昨日は,朝から天気も回復基調で,美味しい粉を食べるべく西大巓へ.

第三トップからは,2番手スタート.今回は,仲間とまったり山を楽しむということなので,のんびりペースで進みます.最初はガスだったけれども,時折晴れ間が出るようになり,雪質もいい感じ.仲間からは,先に行って東斜面1本いってきたら,といってもらったので,遠慮なく,シフトチェンジ.

ガーっと登ってラッセル先頭にはすぐ追いついたので,礼を言って先頭交代し,そのまま山頂まで一気にラッセル.足首~脛程度のラッセルで雪も軽く,いつものルート,いつものパターンですぐ山頂でした.山頂は雪雲の中,まだ誰も来ないので,ガスの晴れるのをまちつつスタート準備.軽くピットチェックすると,新雪が50cmくらい,その下は,カチカチで結合good.ジャンプしても雪崩る気配もなく,これはいいでしょう,という状態でした.

で,だいぶ待ってやっとガスが薄くなったので,一気にGo.底ナシパウダーで,超快適なファーストトラックをボトムまでノンストップでいただきました.

DSC_1458.jpg     DSC_1477.jpg
ラッセルは脛程度        ファーストトラック

会心の滑りのあと,ラッセルして稜線に戻り仲間と合流し,2本目.ガスもほぼとれて視界良好,みんなで楽しみます.さらに,欲深い自分は3本目を滑って,大満足.結局この日は,僕らと最初先行してたもう一組だけが滑ったようでした.

3rd.jpg     DSC_1545.jpg
3月なのにね!        みんなの作品

満足したあとは,南西尾根を使って,秘蔵コース?でゲレンデは滑らずに駐車場まで.さすがに不動沢より下は重くなりましたが,それ以上の高度は,ほぼパウダーで,とっても快適,しかも,人も珍しく少なくて,なんか予想以上によかった感じでございました.

今週も寒気が入りそうで,週末も粉が期待できそうです,どこに行こうかなぁ??
page top
昨日の雨飾山P2 
先週末は,最初,南岸低気圧の降雪に期待して,雪降る中,赤面山に行ったのだけど,雪が少なすぎ,そこから,鉄山の西尾根にでも行こうと福島まで転戦したものの,雨で雪が減っていてガチガチで,んー,微妙.悩んだ末に,デコからどこか軽く行くかと,結局西大巓の南西尾根にちょっと入って下のほうで穴掘って遊んで帰ってきました.うっすら降雪の下は,雪もガチガチで早く恵みの寒気が入ってこないかなぁと思ってたら,今週,ドカ雪で冬型になったので,年度末だけども,速攻で有休取って雨飾山に行ってきました.

前夜,仕事終わってから(また山か?という視線を感じつつ?,さっさと帰り),車に荷物詰め込んで高速を移動,途中でHさんをひろって更埴で降りる.オリンピック道路経由で白馬に入ると本降りの雪.2週間前の秋田の激パウを思い出し,気分上々.温泉で仮眠.

翌日,白馬からツルッツルのR148を移動して小谷温泉へ.温泉下のスノーシェッドに駐車して準備後,シールで出発.山田旅館に続々と車が集まってきてました(ツアーでもやっていたのだらふか?)

01_P1150434.jpg     02_DSC_1240.jpg

山田旅館の裏で除雪は終了のため,適当にとりついてヘアピンをショートカットです.ラッセルのスキーはやはり楽しい.効率悪い林道を延々と進みます.雪は降り続いており,もっとふれーって感じです.

03_DSC_1246.jpg     04_P1150465.jpg

林道終点からセオリー的には,右手にちょっと回り込んでから取り付くんでしょうが,平坦歩きが面倒になった,とのHさんの言により?真正面を直登.膝ラッセルでシールでギリギリだけど,いい汗かけていい感じ.一段あがっちゃえば後は程よい斜度でぐんぐんと登っていきます.急斜面で後続の数名が見えたけど,追いついてこないので,一段とペースをあげて,雨飾山P2までラッセルしてファーストトラックを滑るのだモードでした.

05_DSC_1320.jpg     06_ALPS_DSC_1306.jpg

休憩込み4.25hでP2到着,ラッセルだったのでこんなもんかな.ガスが流れつつも晴れ模様で,北アルプスも綺麗でした.目の前にまっさら大斜面,沢状は雪がちょっとヤバそうなので登った小尾根上をメインに重パウを頂ます!

07_Powder1_DSC_1325.jpg   08Powder1_P1150478.jpg   09_Powder2_P1150478.jpg

ちょっと重いけど,でも,やっぱりパウダーランは最高です.日曜のガチガチの雪と比べて大違い.登ろう滑ろうというモチベーションが全然変わってくるもんです.直下の美味しい所を滑ったところで,あとは尾根のどこから大海川へドロップするかってとこですが,すぐのところは後続パーティーが滑り込んでたので,尾根をちょっと先まで進むことに.そんなわけで,トラバかけつつ降りたら,プチ雪崩発生.Hさんが埋まりかかるもうまく避けて大丈夫.

10_Avalanche_DSC_1333.jpg     11_DSC_1336.jpg
雪崩発生の瞬間,亀裂が入った  見えなくなったヤバイか?

12_DSC_1341.jpg     13_trap.jpg
おー,危なかったー!     足元が割れました

その後,やれやれと尾根を滑ってたら,今度は自分がターンして切り返そうと足を入れ替えた瞬間に足元の雪が割れ,真下に自由落下.テールから着地したので,事なきを得たけれど,深さ2m弱の隠れ穴に落っこちたのでした.そんなんで,スコップだして階段作って脱出して,やっと,大海川へのツリーラン.

14_Jump_P1150492.jpg     15_P1150495.jpg

雪もだいぶ重くなってきたけれど,なるべくブナの木陰を狙っておりていきます.これもまた楽しい.大海川に出て,川原でまったり休憩して,シール貼って林道までラッセル.まだ誰も戻ってなかったようで,滑りイマイチの登りトレースを半分歩きつつダラダラ滑って車のところに15時.累積1200m up(全ラッセル),いい一日でした.

でもって,今日はまた仕事して明日から土日.また前線通過で,今日,明日と気温が上がってしまう予報だからなーっていう,イマイチのモチベーション.日曜軽く近場でどこかに行こうか,それとも,久々に山サイでもしようか,悩ましいところです.でも,どこかの山には行こっと.



copyright © うしログ-山テレと山サイの日々- all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。