山テレ(山岳テレマークスキー)と山サイ(山岳サイクリング)を愛する"うし君"の備忘録です
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
山スキーMLの報告に先週の根子岳があったので,金曜の南岸低気圧通過後を狙って根子岳に行ってみましたが・・・雪,全然ないじゃーん!だったのであります.IC降りて菅平へ車を走らせるも,何か雪があまりない.いつもの通りゴルフ場に車を置いて偵察に行くも,非常に微妙な状態.山を見ても笹原がやたらに目立ち雪の気配なし.これじゃあスキーには全くならないなぁ,というわけで,急遽仲間と相談し,旧鹿沢からの湯ノ丸山に行ってみることに変更です.

様子見がてら,鳥居峠経由で鹿沢を通過して移動してみると,菅平よりも全然雪ありました.鳥居峠,地蔵峠とも明らかに昨晩の降雪で轍の深さ的に15-20cm位はあります.これは期待出来そうってことで,マイナスになったテンションも上がります.

     DSC_9194.jpg

そんなわけで旧鹿沢に車を置いて旧ゲレンデから取り付きます.移動があったので出発時間は遅め,700mアップくらいだから山頂は昼かなという感じ.藪はまだまだ隠れてません,けど,固い木とかではないので,なぎ倒しつつ滑ってくれば何の問題もなさそうです.

DSC_9200.jpg     DSC_9214.jpg

湿った雪が下駄となってクライミングスキンに纏わり付くので,途中スキンワックスを塗り足したりしつつ,クマザサと雪のミックス帯?を登っていきます.まだまだ雪が薄いので,山頂直下の急斜面は結構きついです.重い雪のラッセルだけならまだマシだけど,クマザサの沈み込み,があるのが何とも.通常のラッセルよりもさらにトップを持ち上げることを意識しないと,引っかかってしまうんです.ラッセル訓練と考えればよい運動になるので,淡々と登り上げます.

DSC_9222.jpg  DSC_9234.jpg   DSC_9257.jpg

でもって昼くらいに山頂到着,誰も居ないのでゆっくりランチタイム,近くの浅間も北面は雪がありそう,富士山も良く見えました.しばらくすると団体の登山者が上がってきたりで賑やかになり,また,寒気が入ってきているのか,北西からのガスが流れてくるようになったので,そそくさと下山に入ります.雪が薄いので,下りもトップを浮かしてとにかく沈み込みすぎないようにしないと,板がクマザサに引っかかって大変なことになってしまいます(仲間は七転八倒苦労してました^^).とはいっても,自分的にはモナカ雪やアイスバーン滑るよりは遥かにマシ,雪は柔らかいし,斜度もまずまずあるので,ラインは好きなようにコントロールできます.クマザサも柔らかいから,板に傷も付かないし,これはこれでアリかな楽しいかな,でした.

P1140005.jpg  P1140011-0.jpg  P1140011-1.jpg

最後はバキバキと藪をなぎ倒しつつ滑って終了.あー楽しかった^^.雪質的には太くて抜けのいい板がよかった感じ.鹿沢ハイランド&湯の丸帰りと思われる一般スキースノボの人らのなんだあいつら的な視線を浴びつつ?地蔵峠下の駐車スペースで片付けを済ませて家路につくのでありました.

そんなわけで,湯の丸山での笹スキー?は,まずまず楽しめたけど,あと50cmくらい積もってくれると,もっと快適でしょうねぇ.こんな状況の斜面をシールで登って降りてくる奇特な人は他には居ないようでありました.次回,南岸低気圧でドカ雪が来たときが狙い目かもしれません.

スポンサーサイト
page top
土曜日の雨が,きっと高いところでは雪になっただろう,そう期待して行って来た神楽ヶ峰でしたが・・・,思ったほどの雪じゃなかったです.(うーん,どうして?気温高かったからかな?)

前日,三国峠のライブカメラを見ていると,夕方かなりの降り方をしていたので,これは行けるかも?ということで早朝発でかぐらに行くことに.かぐらも雪不足で,みつまたロープウェイから先は,シャトルバス,さらにかぐらゴンドラも往復乗車,という状態でした.みつまたなんか,全然雪がなかったです,田代も来週本当にオープンできるの?.

DSC_9143.jpg   DSC_9153.jpg

そんなわけで,ガスの中,かぐらゴンドラ終点に到着.いつもなら,こっから第一高速リフトでトップまで,なんだけど,生憎動いてないので,動いてる第一ロマンス?のトップへ移動します.んー,何か,ガス濃いし,かぐらなのに誰も山に行く雰囲気ナシ.そんなわけで,意外だなぁと思いつつ,ダラダラと準備をしたら,シール貼って登り始めます.

第一高速の裏手から,シールのまま,一度,第五の乗り場に下ったところでお茶のんで軽く休憩してたら,スプリットボードの人に追いつかれました.ちょっと話をして,先に行かせてもらいます.追いつかれたらラッセル交代してもらえばいいしってことで.で,ガスだし,大体地形頭にあるしで,ガシガシと登っていったら,あっという間に第五トップ,んー,やはり雪,すくないっすね.

DSC_9158.jpg   DSC_9169.jpg

第五トップで休もうかとも思ったけど疲れてないので(←全然登ってないんだから当たり前です),そのまま登っていくことに.普段にぎやかなかぐらなのに,ましてや日曜なのに,誰も登ってこないなんて!意外でした.でも,かえってずっと一人ラッセルになったので,それはそれで楽しい.無垢の雪を登っていく感覚は,滑る感覚に勝るとも劣らずいいものです.

DSC_9179.jpg   DSC_9184.jpg

中ノ芝あたりは岩とかベンチとか見えてる感じで,やっぱ少ないなぁと思いつつ登ると,ガスも上がってきて流れ行く雲の切れ間には時折青空も.きっと山の表は晴れてんだろうなぁ,なんて思いつつ進んでいけば,あっという間に稜線です.登り始めて1時間20分くらい,ルート取りは特に苦労もなく,大したラッセルもなく物足りない.写真とらなきゃ1時間の行程ですな.まぁ,でも腹も減ったのでうろうろしてゴハン食べて,昼前に下り始めます.天気は不思議な感じで,気温高め,風はあまりなし,雪はまったくちらつかず,といった具合でした.

Frame2.jpg   Frame3.jpg

そんなわけで,さくっと下り.上ノ芝まで歩行モードで下っており何だか今日は調子が悪いと勘違い,何やってんでしょう.滑降モードに直してから,なんどかやらせ撮影を,そうでもしないと一瞬で降りてしまうので・・・.

第五リフトのコースに入ると,途中,スプリットボードの人が登り返してました.第五の2本目なそうな.どうやら,他にシュプールもなく,今日入ってたのは2人だけのようでした.第五乗り場からシール貼って,第一高速トップに登り返し,そこから第一ロマンスリフトトップまで,また貸切の斜面を滑ってゲレンデへ.ゲレンデの方がガスが濃くて何も見えずおそろしや,でした.こんなところは金もらっても滑りたくないぞ.

SANY0726.jpg   SANY0728.jpg

ゲレンデに用はないので,さっさと降りることにし,ゴンドラ,バス,ロープウェイと乗り継ぎ(立山じゃないんだけど・・・)13時半過ぎには,湯沢ICへと向かうのでした.ちなみに,写真は,みつまたロープウェイから見た景色.みつまたは全く雪がなく,R17沿いも同様にありません,雨で全部溶けてしまったようですな.

ってことで,早目に関越乗れたし,珍しく事故の類もなかったので,渋滞なく明るいうちに帰宅できてもうアップしちゃったわけです.こんだけ早く帰ってこられると楽ですね.近場でなかなか雪がない中では,休日だというのに貸切の神楽ヶ峰(稜線まで)で,まぁよかったかなってところです.
page top
雪がないので 
12月だというのに,近場は雪不足な予感.かぐらにでも行くかと思ってたけど,激混みな雰囲気なので,やっぱ体力作り&バランス感覚やしないがてら,いつもの山へ.先週は雪が降ったらしいけど,雪はどこにもなく,冬枯れの中,落ち葉を踏みしめつつ担ぐのです.落葉樹の森は,青空を近く感じ,癒される気分.

DSC_9031.jpg   DSC_9032.jpg

午後からガスに入り,翌日は崩れる予報だったので期待せずに起きたけれども,何か,朝からガスがあがってまたまたよい天気.ってことで,某所の稜線は美しい霧氷ができておりました.予報で悪いっていってたせいか,誰も上がってこなくて,完全に貸しきり状態.にぎやかな山も悪くはないけれど,やはり静かな時間の流れる山こそ,何時間居てもいいなぁと思ってしまいます.そんなこんなで,帰りの渋滞は避けたいので,さくっと下ってさくっと帰るのみ.お気に入りの下りルートは,グリップよくて,ポンポンとテールを上げつつ降りていけました.これはこれでやっぱり楽しいっす.お師匠様(と勝手に呼んでます)みたいな華麗な前輪コントロールには程遠いけれども,上げる角度と回す感覚はなんとなーく,分かってきているようないないような.やはり横に振る方の角度が山だと不十分.平地で空身だと結構回せるんですけどねー.

DSC_9079.jpg   DSC_9140.jpg

と,先週の記事を今頃アップした今週.なんつーか,この時期は,実験仕事が多くて平日は疲れてるんですね,土日山に入ってるほうがよっぽど疲れないのは不思議なもんです(冷静に見れば,疲労がマスクされ脳が疲労感を感じていないだけ,ってやつの典型ですが・・・)それにしても,早く強い寒気が来ないかなぁ,縦じまの気圧配置を心待ちにしつつ天気図を眺める師走の入りです.



copyright © うしログ-山テレと山サイの日々- all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。