山テレ(山岳テレマークスキー)と山サイ(山岳サイクリング)を愛する"うし君"の備忘録です
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
金曜日,仕事を定時に上がって,帰宅してメシ&風呂の後,どさっと山道具を詰め込んで,一路,扇沢を目指し出発.扇沢には1時半に着き,2時就寝.翌日6時におきて,準備をしたらターミナルの行列に並ぶ.同業者も多いが,観光客も多くて,やっぱ混んでたです.整理券2番でロープウェイに乗り,タンボ平をじっくり観察.何本もデブリが出ていて,あんまいい気はしないけれども,昨日の降雪?でそこそこキレイ.気温はぐんぐんあがってるけれど,でっかいのは落ちきったでしょう,ということで,とりあえずタンボ平に突入を決意し,早く室堂着かないかなぁ~,の気分になります.

DSC_3857.jpg     DSC_3873.jpg     DSC_3888.jpg
扇沢,雪少ないですねー     タンボ平全景,デブリ多し     立山に向かって一ノ越へ

室堂に着いて人ごみにうんざりしつつも,準備をし,9時半過ぎ,行動開始,まずは,一ノ越を目指して緩む前の固めの斜面をひたすらトラバースで進むのです.一ノ越は10:20くらい.ここまではかなりたくさんの山スキー&山ボード.どーしたもんかなぁと御山谷をのぞいていると,一人の山スキーヤーに声をかけられた.彼も迷っているそうで,この雪,御山谷下部はどうなることやら微妙だね,という話になる.あわよくば御山谷全部おりちゃってもとも思ったけど,割れてると面倒なので,とりあえず,途中まで降りることにし,10:50ドロップイン.御山谷方面に来る人は少なく,とても快適.

DSC_3908.jpg     DSC_3922.jpg     DSC_3936.jpg
一ノ越からの御山谷方面     御山谷の中,広大な斜面     夏道に上がり東一ノ越へ

すぐのところは風に叩かれてパックだったけど,谷になればすっごく快適なザラメのバーン.それにこの広さ,平衡感覚がおかしくなりそう.左上の東一ノ越へのトラバース道を気にしつつも,気持ちいいので400mくらい降りてしまう.もっと降りて行きたいが,登り返しも面倒なので,シールを貼ってスキークランポンを装着し左岸の雪付を登る.最後,厳しい斜度になったので,ツボで直登し,岩場とハイマツを登り上げて夏道へ.あとはテクテクトラバースして,東一ノ越11:50すぎ.先行していた3人パーティーが休憩中でした.腹も減ったし景色いいし暖かいので,ここでランチタイム.

DSC_3986.jpg     DSC_3996.jpg     DSC_4016.jpg
東一ノ越~タンボ平全景     黒部平駅に無事到着なり     同じ日の夜に担いでる・・・

お腹も落ち着いたので,12:25,東一ノ越からタンボ平めがけてドロップイン.出だしは急だけど,まぁ普通.ほどよい斜度が続いて,自分の流した表層に追いかけられるように,下へ下へ.緊張感の中,ただ夢中に,テレマークし続ける.適当なところでタンボ沢を横切るようにずっとトラバース.ざっと見てデブリの筋が数本,いい気はしないのでデブリを乗り越えつつも急いでトラバース.タンボ平に入ると斜度も緩み雪も重くなり板が走らなくなる.こりゃいかんということで,高温用のワックスを塗り足ししばし休憩.ラスト,頭上のロープウェイと競争するかのごとく黒部平を目指して一気に滑り込み,13:00到着.

きょうも満足でした,で,もう一発,室堂上がって滑りたいところだったけれど,アルペンルートの人ごみに辟易したのもあり,扇沢に下りて大町温泉で汗を流す.で,そのあと,中央道にのってかっ飛ばしつつ,某山小屋に無線を飛ばしてみると・・・「おお,遅くなってもいいから,登ってこし!」とのこと.

というわけで,日没後,某登山口より自転車担いで600mアップ,何度も登った道なのでヘッドランプがあれば十分.小屋で食った夕飯&ビールのうまかったこと.山談義をしつつも22時,さすがにダウンし朝まで爆睡でした,そんなわけで,この週末も充実してました!
スポンサーサイト
page top
きのーは,天気がよかったので,2時半起き,3時出発で戸倉から至仏山に行ってきました.

金曜,定時に上がってから帰宅し,自転車とテレマークの準備をしたため,あまり睡眠時間とれず,眠いなぁと思いつつ戸倉へ車を飛ばします.自転車はルーフなので,ちょっとおとなしめ?に走り戸倉ゲートに着くと,既に何組か準備してました.やっぱ同じこと考える人は多いようです.

DSC_3543.jpg     DSC_3572.jpg     DSC_3578.jpg

そんなんで,フレームに板をくくりつけ出発.最初,膝に板が干渉し,微妙だったので,途中,止まって付け直しました.直したらだいぶよい感じで津奈木橋.ここで,熊谷からの単独の方と歩き+フリトレの単独の方に会って立ち話.お二人は取り付きから入るということでしたが,自分は,除雪の終点を見たい願望,があったので,鳩待峠へ登ります.峠の手前数百メートルで除雪は終了.最後,路面が雪解け水が凍ってつるっつるになっており,ちょっとタイムロスでした.

DSC_3595.jpg     DSC_3614.jpg     DSC_3688.jpg

鳩待峠からは,尾根伝い,途中からトラバースで行きオヤマ沢田代で稜線へ.稜線上がって,先程の単独行の方2人に追いつきます,やはり直登の方が早かったようで・・・.先頭に立って,小至仏をトラバースし,山頂到着.遠くは霞んでいるけれど,素晴らしい展望.天気もよく風もなく,ずっと山頂に立って眺めを楽しみたい気分でした.

DSC_3708.jpg     DSC_3710.jpg     DSC_3713.jpg

0時を過ぎたので,そろそろ下りへ.帰りを考えたら悪沢の方が楽なんだろうけど,まぁ時間もあるので,尾瀬ヶ原に下りるべくムジナ沢へ.今日のシュプールはないようでして,好きなところに自分のシュプールを刻みます.振り返ってみれば,延々とつづく自分の軌跡,山を滑る醍醐味の一つです.

DSC_3743.jpg     DSC_3747.jpg     DSC_3757.jpg

あっという間に尾瀬ヶ原の端に降りつきます,撮影しながら降りたけど,20分くらいですな.あー一瞬だった,と思いつつ,誰もいないまったいらの雪原を山の鼻の方に向かいます.途中,燧ケ岳を眺めつつ小休止.昼寝がしたい暖かさでした.

DSC_3765.jpg     DSC_3774.jpg     DSC_3784.jpg

一瞬,登り返して悪沢も,という考えもよぎりましたが,もう重たくなっちゃっただろうし,たくさんの人が悪沢を降りただろうし,ってことで,このままテクテク歩いて鳩待に戻ることにしました.中間地点くらいでシールを貼ったのが失敗?濡れてだいぶ重くなってしまいました,鳩待沢まで我慢して歩けばよかったかも.そんなんで,峠に戻って14時半過ぎ,あとは自転車デポ地へ戻るだけ.

DSC_3837.jpg     DSC_3840.jpg     DSC_3847.jpg

自転車デポからは一気に舗装路下り.登山道下りに比べりゃ超楽勝です.泥はねのひどいところは減速して,津奈木橋からはノーブレーキでびゅーんとかっとびます.駐車場所15時半,いい一日でした.温泉入って,高速半分,シタミチ半分でドライブ.帰宅したら即バクスイでしたとさ.
page top
先週の安達太良山 
今頃ながら,先週の安達太良山の記録.

疲れが抜けてなかったので安達太良くらいがちょうどよいだろうと行ってみることにしたのでした.この時期,あまり高いとモナカだったりするし,低いと雪がなかったりで,悩ましいところですが,安達太良なら,ちょうどいい標高だし,火山地形だからヤブも少ないし,という判断でした.あとは,自分にとっては何か近いんですよね.

郡山のあたりで予想外に雨がパラパラ来て,なんか山も雲の中.あれまと,ネットで雨雲レーダーを見てみるも,安達太良は大丈夫そう.ってことで,岳温泉を抜けて安達太良高原スキー場へ.ちょうどスキー場の営業最終日だったけど,ガラガラでした.

     DSC_3344.jpg     DSC_3407.jpg
ゴンドラトップ,春です     ガスが取れてくれない     山頂についたら晴れた

ゴンドラトップから登り始め,ガスがかかったりでときどき晴れ間がのぞく程度.早くガスとれないかなぁと思いつつ淡々と登る.山頂直下で,ガスが取れて"ほんとうの空"が現れた.やっぱ晴れた日の山は気持ちいい.展望も良好,眼下に二本松の町が見える.

DSC_3473.jpg     SANY0018.jpg     SANY0018-1.jpg
 自分のトラックに満足     シーハイル!なのですな     ザラメはザラメで楽しいね

下りは雪の繋がっていそうな烏川源頭~五葉松平へ.特に,烏川源頭のボウルはよい斜面.ザラメとサンクラストのバーンを降りてあっという間に降りていく.沢が狭まったところで,物足りないのでシールを貼って再度登り返し,もう1本,滑り降りることに.五葉松平~ゲレンデも雪が切れることもなく,大したヤブもなく,快適に降りて,ゲレンデへ.下山届けを出しに行ったポストのところで,ゲレンデパトロールの方が話しかけてくれて,ちょっと立ち話.テレマーカーだったので,山の話や道具の話,こういうのも楽しいもんです.あとは,温泉入って帰るのみ,渋滞もなく快適な週末となりました.
page top
年度末と年度始めでバタバタしていたら,あっという間に4月になっちゃった感じ.そんなわけで,全然webにまで手が回っておりません.

ひとまず,先月行ったところ.

・乗鞍から位ヶ原
・天元台から若女平
・八甲田界隈3日間
・乙妻山1dayピストン

ってところ,そこそこパウダーゲットできました.
特に,乙妻北東斜面は,ディープパウダーでよかったです,累積1750m登った甲斐がありました.
八甲田も,大岳の北東面が,快晴パウダーでよかったなぁ.

そんなわけで,もう日が変わって土曜日,明日夜崩れるから,その後,に期待して日曜どこか行こうかな,という感じで久々,ダラダラの金曜夜なのでした.

Powder01.jpg     Powder02.jpg
乙妻北東面,3月とは思えない激パウにありつくの図


だらだらついでに,新年度といえば,4月1日,NYショーで,新レガシィの北米仕様発表されましたねぇ・・・.何というか,予想通りながらも,エイプリルフールの悪い冗談であって欲しい,と思った感じ.日本仕様はどうするのだらふ,フェンダーは詰められそうな気もするけど,コスト考えるとそこまではやらないかなぁ.それにしても,スバルらしさが全くないっつーか,TNHのおっさんセダンを足して3で割った感じというか,日本のユーザー&現行までの4代のユーザー見捨てたな,と思った次第.現行インプであれま,と思ったけど,何か,これで,スバルがCult Carになることもないのかなぁと悲しい気分になりました.グローバルに商売をする業界だからというのは十分分かるけれど,でも,むしろ逆に小規模にして本当に無駄のないよいものをある程度の価格で売る,という商売があってもよいと思うんですが.

何より,軽いこと,シンメトリカルなこと,そして,ちょっと垢抜けないけどマジメでシンプル,そんなのがスバルのいいところと思ってBG→BPと乗ってるんだけどな.ボディ,あんだけ大きくして,アルミ系素材はやめて,排気量大きくして,と,重量は増える,そーなると,運動性能上いいところがなくなる,とくに雪道,軽くて荷物積めて走りもよくて四駆の割に好燃費,だから圧倒的に支持されてきたんじゃなかったの??道具感とかっこよさのバランスがkeyだったのにな.欲しいと思うのは軽量化された6MTくらいなもんかも.現行F型,ストックできるもんならストックしておきたいなと,つくづく思う.いっそ,T傘下になっちゃったから,プリ臼と同じ商売方針で,現行に6MTとディーゼルでも積んで,あとはそのままで5代目と併売して,スバルさんお願い!



copyright © うしログ-山テレと山サイの日々- all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。