山テレ(山岳テレマークスキー)と山サイ(山岳サイクリング)を愛する"うし君"の備忘録です
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
前線が通過する前に,ってことで,朝一で西大巓に登って東斜面で遊んできました.
やはり,気圧配置通り南風が入って,春のようなポカポカ陽気.あれまぁ,という感じながらも,天気がいい日は山に登るべしってことで,景色眺めつつのシール登高です.快晴の山頂は眺めが最高,飯豊,朝日,月山,蔵王,吾妻,安達太良,そして磐梯と文句なし,やっぱり山はよいです.


     SANY4492.jpg     SANY4496.jpg
とにかく春のように暑い       飯豊はやはり美しいな       西吾妻小屋もはっきり


山頂で軽く補給したあとは,東斜面へ.昨日のトレースが一本だけ,という状況だったので,迷わずGo!きもちよーく一本滑り,登り返すと山頂にはたくさんの人.ってことで,即効シール剥がして2本目へ.ここは,こんな天気でも,ちゃーんとパウダーが残っており,おいしいところを頂いちゃいました.(結局誰も下まで降りてこなかった・・・もったいないなぁ)

081221nishidaiten_tele000.jpg     081221nishidaiten_tele001.jpg     081221nishidaiten_tele002.jpg
この斜面がいいのだ        パウダー残ってた!       この感覚がたまらない

登り返して,あとは,消化試合の重雪ツリーランとゲレンデ滑走.そんでも,東斜面頂いたので満足満足,温泉入ってさっさと帰宅し片付けも全部終わってしまったのでした.雪不足で参ったなぁ,だったけれども,なぜかパウダーが溜まっていてくれて,それが文句なしによかった.でもって,今晩前線通過して冬型強まりそうだから,来週末こそは期待できるかなー?とにかくドカ雪降ってくれないと!!!
スポンサーサイト
page top
近場は,あまりに雪がないので,週末は西大巓まで行ってきました.っていっても,まぁ,そこまで遠くはないのだけどね.ゲレンデはボーダーばっかで,当然滑る気にならず,一回券×3でトップへ登ったら山を目指しました.

     081203_02_SANY4391.jpg     081203_03_SANY4402.jpg
霧氷を眺めつつ        山頂はガスでした        ガスの切れ間に

雪質は雨が降ったらしく,モナカチックなクラスト多しで,ところどころ浅いパウダーってところ.雪の量は少ないけれども,滑るのに問題はないという程度でした.直下の広いバーンは完全にクラスト.東斜面は視界がなくて今回はチェックできずだけども,稜線直下は硬かったです.

ってわけで,まぁ,こんなもんか,というコンディションだったけれども,やっぱり山で滑ることは楽しくて,刻々と変わる雪面に対応しつつ,空いた樹間を見極めて,右に左にルートをとるワクワク感は素晴らしいのです.もちろん,そこに粉があれば一番だけど,そうじゃなくても楽しめる,楽しむのが山滑り.

081203_04_tele1.jpg     081203_05_tele2.jpg     081203_06_SANY4422.jpg
飛べるとこはあまりなく     大体はツリーランでして     降りたら晴れてきた

何箇所かのオープンをつないで降りて,混みこみのゲレンデに降りてみれば,いきなり天気回復で晴れてきてるし・・・,まぁ,こんなもんです.

ゲレンデは特に硬かったせいか,全然制御できない初心者ボーダーが大量に居て,大量に真下へただ滑落していて,そういうのに巻き込まれている人が自分も含めて多数居たっぽい.自分も端に居たのにいきなり突っ込まれたし,あんなのに巻き込まれて怪我でもしたらアホくさいよなー,対人賠償の保険にも入ってないだろうし支払能力もないだるうしねぇ.ってことで,昼飯も食べずにさっさと駐車場へ移動し,帰ったのでありましたとさ.
page top
この前の週末は土曜が休出で,かつ風邪気味で,というわけで,モチベーション上がらずだったため,どこか近場にするかー,と思ってました.で,水上とか沼田界隈のゲレンデ見てみると・・・全然降ってないじゃん,これじゃあ,滑れてゲレンデ,しかも混み混みカチカチ,という感じだなというわけで,やはり山の向こうには行かねばってことで,急遽神楽に行ってきました.

でもって,相変わらずこの次期の神楽は激混みであり,チケット買ってみつまたロープウェイ乗るまで1時間半くらいかかった気がする.しかも,かぐらエリアに人が集中しているわけなので,まぁ,ゲレンデは有り得ないという結論となって,さっさとシールを貼って行動開始としたのです.

     081207Kagura_02_SANY4330.jpg     081207Kagura_03_SANY4327.jpg
まだまだ雪が少ない         霧氷がキレイ          やっぱり山はよい


混み混みのせいでゲレンデトップを出たのが遅くなった上に,今日は絶対に渋滞にはまりたくないし早く帰りたい!という自分のワガママもあって,中ノ芝で切り上げてさっさと下るのでした.第5トップにはちょうど大量のボードの人たちとかが登ってきていたので,先にキレイな斜面を滑れてよかったかも.

081207Kagura_04_IMG_3133.jpg     081207Kagura_05_IMG_3162.jpg     081207Kagura_06_SANY4355.jpg
山は楽しいなー,の図       雪はパウダーでした       中尾根は滑れて上だけ

そんなこんなで,昼前にはゲレンデ戻りましたが,ブッシュだらけ人だらけで滑る気ないので,消化試合的にゴロゴロしてる大量のボーダーどもを追い越し追い越し一気に下って駐車場へ.特にみつまたの連絡コース下部がいたるところブッシュで,板の裏が気になって滑る気しなかったなー.もうちょっと雪増えて欲しいもんですね.でも,早く降りたおかげで,渋滞にはまることもなく明るいうちに帰宅.洗車まで済ませられて満足でした.今週は,もうちょっと遠出して東北か信州に行きたいぞ.
page top
昨シーズン終わりから一部の間で?話題になってたようななってないような,そんな感じのStep in heelですが,さっそくゲットしたので取り付けてみました.

いろいろ言われる7TMですが,自分的には,Power Tourなら,ちゃんと滑れてツアーモードがあって,ねじれでリリースして,と(NTN以外では)一番多機能なビンディングだと思ってます.初期のノーマルのものは,かなり押さえが甘くフラフラと滑りにくかったけど,パワーピンが追加されたPowerシリーズは,ケーブルビンディングと何ら感覚変わらず,切れやすいと言われたテンションストラップも強化されてていい感じかなと思うわけです.(リリースは,靭帯やっちゃったことのある身としてはかなり重要)

でも,ヒールレバーがはめ難かったりして,イマイチな感は拭えなかったりしたわけだけども,これを解決しちゃったパーツが,このStep in Heelなんです.で,ヒール部分を交換するだけで,ホント簡単にステップイン!何の苦労もなくパチンとはまってくれてすっごくいい!たかが板を履くぐらい,と言うことなかれ.シールを剥がしさぁ降りるぞ,ってとき,分厚いグローブでモタモタしたことありません?特に,冬山ってことを考えれば,少しでも早くラクに行動できることは,結果,安全にもつながると思うわけです.手袋外してインナー手袋で,とかそういう必要もなくなるしね.


081205_05_StepInHeelSANY4294.jpg       081205_06SANY4295.jpg
Step in heel いい感じ       台座部分以外共用できる


でもって,もう一つ,7TMが便利なのは,台座部分さえ板につけておけば,ビンディングの上の部分はどの板にも使いまわせるってことなんです.なわけで,自分はセミファットとファット,両方に台座をつけてたりするのであります.(ただし,ファットの方はケチって,昔の7TM初期のものを一部削ってTourがはめられるように細工してあります)

ただ,ファットの方は,ライザープレートをかませてあって,それにそのままStep in Heelをつけると,ヒールのライザーの長さが足りんのです.応急処置的にはペットボトルのフタをつけちゃえば問題なく動きますが,何かかっこ悪い.

       081205_02_StepInHeelSANY4287.jpg
ライザープレート足りない       ペットボトルじゃちょっと


で,一応,付属のライザープレートがあったんですが,これは薄くて,カカト部分が下に下がりすぎるのです.短いライザーを後ろに下げるっていう手も一見アリに思えるのだけど,それだと,クライミングサポートを立てたときに,高さが下がっちゃうんですな.というわけで,いろいろ考えた末,付属の薄いライザープレートの下に,もう一枚ライザープレートをかませてしまえ!という作戦にいたしました.

081205_03_StepInHeelSANY4290.jpg       081205_04_StepInHeelSANY4289.jpg
(長さ,厚さが)足りぬなら,       作ってしまえプレートを

アクリル板でも噛ませるかねぇって職場の方に相談してたら,アクリルじゃ割れるし,ジュラじゃ硬いし,鉄じゃ重いから,図面持ってきたら樹脂をフライスで削ってやるよってなことになりまして,感謝感謝でいい感じのプレートが出来たのです.取り付けてみたら高さもピッタリ.

つーわけで,NTNを買うにはまだ早いし,でも,簡単ステップインで,しかもツアーモードとリリースがついてて,というのを簡単に実現するには,コレはかなりオススメ.値段も一諭吉でお釣が来るくらいでっせ.

page top
先週は,午前2時発の午前2時帰宅で,立山24時間往復?をしてきました.

天気図とにらめっこしてると,高気圧に覆われつつあり,かつ寒気が抜けた29日が勝負の予感,という気がしたので,金曜,急いで帰って準備し,ほとんど寝ないまま午前2時,扇沢へ向けて移動を開始したのでした.朝,着くとすでに上の駐車場はいっぱいだったので,下の市営駐車場へ.といっても,全然除雪されてないので,四駆+スタッドレスじゃないと厳しいでしょうね.

           081129SANY4228.jpg
やっぱ四駆じゃないとね          青と白の世界に酔いしれる


朝一,8時半の便は架線凍結で動かず,9時の便も動かずで,どーなるかと思ったけど,9時半くらいに動き出して,室堂は11時前.この時点で日帰りということを考えて,室堂界隈で遊んで終わり,ってなプランになりました.けど,それだけでも,やっぱ新雪は素晴らしく,フワリフワリと浮く感覚は,激軽パウダーならでは.とってもよかったー!


081129SANY4242.jpg       081129tele1.jpg
登って登って              ラインを刻む

翌日は寒気が入って崩れるだろうってことで,ラスト一本前のトロリーで降りてくると,途中から雪となり,扇沢でも雪が飛び始め,こりゃ,帰れってことだろう,ってことで,風呂入ってそのまま帰宅.途中SAであまりにも眠いので仮眠したりして,帰宅したのは朝の2時,ちょうど24時間の立山往復となりました.それでも,快晴パウダーの一日が満喫できたので,超大満足.今度は,もうちょっとゆっくり行きたいもんですが,だとしても,まぁ,来年か.4月になったらまた行きたいなー.



copyright © うしログ-山テレと山サイの日々- all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。